本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗

ゲッティイメージズ
敗れた本玉真唯
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのCymbiotika サンディエゴ オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、WTA500)は27日にシングルス1回戦が行われ、予選勝者で世界ランク119位の本玉真唯は同43位のK・シニアコバ(チェコ)に3-6, 1-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

>>西岡 良仁、ズベレフらアカプルコ組合せ<<

24歳の本玉は今大会に予選から出場。予選1回戦で世界ランク254位のD・パパミヘル(ギリシャ)、予選決勝では予選第9シードのD・ガルフィ(ハンガリー)をいずれもストレートで下し本戦出場を決めた。

迎えた1回戦、本玉はファーストサービス時のポイント獲得率が第1セットは57パーセント、第2セットは29パーセントに留まり計5度のブレークを許すと、自身はシニアコバから1度しかブレークを果たせず、1時間13分で完敗となった。

勝利したシニアコバは2回戦で第3シードのE・ナヴァッロ(アメリカ)と対戦する。今大会は上位4シードが1回戦免除のためナヴァッロはこの試合が初戦となる。

同日には第5シードはD・ヤストレンスカ(ウクライナ)が2回戦に駒を進めた。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>




■関連ニュース

・錦織 圭の新コーチ”ヨハンソン”とは
・29歳でツアー初V「奇跡だと思う」
・スポーツ界のアカデミー賞にジョコらテニス界から5名ノミネート

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年2月28日8時40分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)