チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ

ゲッティイメージズ
初戦突破を果たしたペール
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)は25日、シングルス1回戦が行われ、第8シードのB・ペール(フランス)が世界ランク36位のM・チリッチ(クロアチア)を2-6, 7-5, 7-6 (7-1)の逆転で破り、2018年以来2年ぶり2度目の初戦突破を果たした。

>>ナダルvsアンドゥハル 1ポイント速報<<

>>キリオスvsアンベール 1ポイント速報<<

この試合の、ペールは2度のブレークを許し第1セットを落とす。第2・ファイナルセットでは合計4度のマッチポイントを与えたもののこれを全て凌ぎ切ると、タイブレークでは元世界ランク3位のチリッチを圧倒して2時間32分の激闘を制した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトでペールは「今日は簡単ではなかった。マリンとは相性が悪かったから、試合前は自信がなかったんだ。彼は調子が良い時、本当に素晴らしい選手になると知っている。彼はトップ10だったこともあるし、過去10年で考えると世界最高の選手の1人だと思う。この勝利に満足しているし、最後まで戦うことができて本当に幸せ」とコメントを残した。

世界ランク21位で30歳のペールはベスト8進出をかけて、同56位のR・ガスケ(フランス)と対戦する。33歳のガスケは1回戦で同93位のL・ハリス(南アフリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのS・チチパス(ギリシャ)らが2回戦へ駒を進めたが、第4シードのF・フォニーニ(イタリア)D・エヴァンス(イギリス)に逆転で敗れ姿を消した。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 予選ラウンド 日本 vs エクアドル」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”こと男子テニス国別対抗戦デビスカップをWOWOWで放送。11月にスペイン・マドリードで開催されるファイナルズ出場権を懸けて行なわれる、日本とエクアドルの予選ラウンドの模様をお届けする。

【放送予定】
3月6日(金)、7日(土)連日生中継


■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ラケット問題 ペール明かす
・錦織に脱帽の天敵ペール
・錦織 世界ランク31位へ後退

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2020年2月26日10時51分)
その他のニュース