- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織に脱帽の天敵ペール

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク51位のB・ペール(フランス)は第19シードの錦織圭に3-6, 6-2, 6-4, 2-6, 3-6のフルセットで敗れ、惜しくも3回戦進出とはならなかった。

>>錦織vsシモン 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

>>大坂vsキーズ 1ポイント速報<<

>>大坂ら全仏OP女子 対戦表<<

この日、ペールはセットカウント2−1とリードして勝利まであと1セットと迫ったが、元世界ランク4位の錦織に2時間59分で敗れた。

試合後の会見でペールは「2回戦で終わってしまったことには落胆している。大会前にも言ったけど、シードでなければ守られていないということ。だから難しいドローになってしまう。錦織と2回戦で戦わなければならない。そして負けてしまった。素晴らしい戦いだった。できることはやったし、ベストを尽くした。もちろん勝ちたかった。全ての試合に勝てるわけではない」と述べた。

ホームの中、センターコートのフィリップ・シャトリエで初めて戦ったペールは「出だしは少し緊張してしまった。錦織はいいスタートを切っていた。どうなるは予測がつかなかった。最初のゲームから彼(錦織)はラインぎりぎりにショットを打ってきた。そして早いタイミングでボールを打っていた。あの観客の中で勝ちきる難しさを感じていた。自分のテニスに集中してリラックスしようとした。すると第2セットの最初でブレークができた。あるポイントで観客が反応してくれた。始めはそうではなかったけど、センターコートで観客が声援をくれたことはとてもうれしい。最高の経験だった」とコメント。

「彼はサービスに少し問題があった。セカンドサービスは攻撃し、それを嫌っていた。ドロップショットもたくさん打った。試合の主導権を握った。でも、第4セットの出だしで彼はレベルを上げてきて、違うプレーをしてきた。そして彼が2−0とリードした時はちょっと難しかった。自分自身に集中しようとしたけど、彼は早くスムーズにボールを打ってきた。特にファーストサービスが入るとライン際にショットを打っていた。それは対戦していて難しかった」

ペールは今大会直前に髪の色をゴールドにして話題となった。しかし、錦織との2回戦はシルバーで臨んでいた。

「本当はパープルにしたかったけど、シルバーにした。試合前にシャンプーをした。どうなるか見たかった。でも、もう全仏オープンは終わった。だから帽子を被るつもり。髪の色には苦労している」

序盤でキャップを被らなかったことについては「美しい髪を見せるためだった。髪の色が変わったと言われたかった」と明かした。

一方、ペールをフルセットで破った錦織は、3回戦で世界ランク65位のG・シモン(フランス)と対戦する。元世界ランク6位のシモンは、2回戦で第12シードのS・クエリー(アメリカ)を逆転で下しての勝ち上がり。

全仏オープンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【放送予定】
2018年5月27日(日)〜6月10日(日)
 
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・ペール「錦織に勝ってごめん」
・錦織「危ない相手だった」
・錦織 心配「耐えられるか」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年5月31日8時42分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!