- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

コキナキスが全豪WCを獲得

タナシ・コキナキス
全豪WCを獲得したコキナキス
画像提供: ゲッティ イメージズ
オーストラリア・テニス協会は19日、世界ランク210位のT・コキナキス(オーストラリア)へ来年1月に開幕する全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)のワイルドカード(主催者推薦枠)を与えたと発表した。

>>ディミトロフvsゴファン 1ポイント速報<<

>>ATP最終戦 組み合わせ表<<

現在21歳のコキナキスは世界ランキングで2015年に69位を記録したが、肩の負傷でツアーを離脱。今年1月にダブルスで復帰し、6月のAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)ではM・ラオニッチ(カナダ)を破った。

万全な状態で2018年を見据えているコキナキスは、デビスカップ・オーストラリア代表のL・ヒューイット(オーストラリア)監督から連絡をもらい、喜びと興奮に満ちていた。

「これまで全豪オープンに2度出場できなかったのは悲しかった。なぜなら大好きな大会だし、初めて出場したのは17歳の時だったから。とても辛い数年間だった。それを乗り越えるために必死にトレーニングを積んだ。オーストラリア・テニス協会からのワイルドカードには感謝しているし、たくさんの観客や家族の前でプレーするのが待ち遠しい」

コキナキスは、これまでの全豪オープンで2014・2015年に2回戦へ進んでいる。

オーストラリア・テニス協会のW・マスール競技部長は「彼(コキナキス)はとても優れた若い選手で、高いポテンシャルを持っている。けがでタフな数年間を送り、努力を続けて復帰してくるから、2018年をスタートするには完璧な場所になるだろう」と期待を寄せていた。

アシックス




■関連ニュース■

・錦織戦は「タフな戦いだった」
・フェデラー 錦織は「欠かせない」
・フェデラー 錦織ら負傷続出語る
(2017年11月19日22時51分)

その他のニュース

12月18日

猿とテニス 会場大盛り上がり (21時09分)

セリーナ 全豪中は米イベント? (19時40分)

3度の手術乗り越え復帰宣言 (18時33分)

ATP 杉田ら初Vを特集 (16時58分)

セリーナ 愛娘の歯ぐずり相談 (11時34分)

錦織ら18日付 日本勢世界ランク (10時45分)

元複1位 膝の故障で全豪欠場 (8時58分)

12月17日

高橋悠介に独占インタビュー (22時19分)

マクラクラン勉 国籍変更の理由 (19時15分)

全豪OPワイルドカード獲得 (17時28分)

錦織 新ストリングをテスト (11時27分)

ムグルサ 来季前半の予定発表 (10時32分)

徳田廉大 2週連続Vならず (8時58分)

フェデラー 老舗と契約更新 (7時45分)

12月16日

1位ハレプ 史上4人目の受賞 (23時40分)

フェデラー 最多「ググり名」 (20時40分)

全豪WCかけて複ペアで決勝 (19時40分)

フェデラー 10年ぶり4度目受賞 (16時58分)

ペール 来季はインドで始動 (15時20分)

世界91位 ジョコと練習に満足 (13時25分)

錦織 15歳のジュニア1位を祝福 (11時23分)

デ杯と五輪見据え国籍を変更 (10時29分)

ティームら3選手が出場表明 (9時07分)

プリスコバ「誇りに思う」 (7時10分)

12月15日

元1位ヒューイット 全豪複出場 (21時21分)

ディミトロフが5年ぶりに出場 (20時10分)

キリオスら使用の新デザイン (19時13分)

錦織に大逆転勝利が2位に (16時50分)

<訂正>Jr世界チャンピオンに選出 (14時20分)

ジョコ 大逆転5位、MP5本しのぐ (12時15分)

全米女王 大学卒業で学位取得 (10時37分)

1月 WTAツアーと全豪の日程 (8時21分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!