- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「勝つチャンスあった」

男子テニスのATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は16日、グループ・ジョン マッケンローの予選ラウンドロビンが行われ、第1シードで世界ランク1位のA・マレー(英国)に7-6 (11-9), 4-6, 4-6の逆転で敗れた第5シードの錦織圭(日本)は、試合後の会見で「自分がもう少ししっかりしていれば、勝つチャンスはありました」と悔やんだ。

>>ファイナルズ組み合わせ表<<

この日、第1セットのタイブレークで、錦織は5度目のセットポイントをものにし、リードした。

しかし「2セット目の始めにブレークされたのは1番悪かったとこかもしれないです。あそこで耐えていれば、展開も変ったかもしれない」と話すように、第2セットの第1ゲームでブレークをされてからは、徐々に流れがマレーへ傾き始めた。

ファイナルセットは2度のブレークを許してしまい、ATPワールドツアー・ファイナルズの3セットマッチ史上最長となる3時間20分で力尽きた。

錦織は2年ぶり2度目のベスト4進出へ向け、18日の第3戦で第7シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。

予選ラウンドロビンの結果は以下の通り。

【グループ・ジョン マッケンロー】
(1)A・マレー 2勝0敗
(3)S・ワウリンカ(スイス) 0勝1敗
(5)錦織圭 1勝1敗
(7)M・チリッチ 0勝1敗


【グループ・イバン レンドル】
(2)N・ジョコビッチ(セルビア) 2勝0敗
(4)M・ラオニチ 1勝1敗
(6)G・モンフィス(フランス) 0勝2敗
(8)D・ティエム 1勝1敗

ATPワールドツアー・ファイナルズは4選手が2グループに分かれて総当り戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは予選ラウンドロビン1勝あたり200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。






■関連ニュース■ 

・錦織 マレーとは「差がある」
・錦織 マレーは「僕の中で1番」
・錦織「やっぱちっちぇーな」
(2016年11月17日5時34分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!