- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

問題児キリオスに非難続出

かつて偉大なテニス選手を輩出したオーストラリアだが、近年批判を受ける行動でメディアに取り上げられる選手が見受けられる。記憶に新しいのは20歳N・キリオス(オーストラリア)の試合での態度である。

年間4回行われるグランドスラムで、年間グランドスラム(同じシーズンで四大大会全てをを制する事)を2度も達成したR・レーバー(オーストラリア)や、女子でも1970年に年間グランドスラムを達成したM・コート(オーストラリア)らを始め、E・グーラゴン=コーリー(オーストラリア)K・ローズウォール(オーストラリア)J・ニューコム(オーストラリア)P・ラフター(オーストラリア)ら、多くの著名なオーストラリア人選手がいた。

そして、今も現役を続けているL・ヒューイット(オーストラリア)も2度のグランドスラム優勝を果たしており、オーストラリアを代表して戦うデビスカップにも精力的に出場。近年は怪我に泣かされ、来年の全豪オープンでの引退を表明している。

その多くの著名な選手達は、オンコートではもちろん、オフコートでも尊敬される人間だった。その姿はどこに消えてしまったのだろうか。

今年のウィンブルドンでは、キリオスが何度も主審と口論を起こし、やる気のない姿勢を見せたり奇声を発したり、ラケットを叩きつけたりしていた。キリオスの行為に対して約1万ドルの罰金が課される処分が下された。

その行動に対して、オリンピックの女子水泳競技で4個の金メダルを含め8個のメダルを獲得した元オーストラリア代表のドーン・フレーザーは、キリオスの4回戦での振る舞いに出演したテレビ番組の中で苦言を述べていた。

77歳のフレーザーは「彼等はこの我々の国の若い世代のお手本になるべきなのです。もしそれが嫌なら両親の生まれ故郷へ帰るべきです。」と発言していた。

キリオスはオーストラリアの首都であるキャンベラで生まれたものの、父親がギリシャの出身で、母親はマレーシアの出身である。

このフレーザーの発言はインターネットで多くの批難を浴び、その後キリオスの家族に対しては謝罪するまでに至っていた。

元世界ランク3位を誇るレーバーは、テレビの取材に対して「ニック(キリオス)はまだ若いし、自分が行っている事がどういう事なのか分からない時があるのだと思う。ただ感情のおもむくままにプレーしている。しかし、それはすぐにでも成長しなければならない事。言い訳など出来ない。あれは確かに悪い行いであり、見苦しい行動だった。」と自身の見解を見せていた。

(STATS - AP)




■関連ニュース■ 

・キリオスらに侮辱発言で謝罪
・暴れん坊キリオスが大荒れ
・キリオス 3度の警告で失格寸前


■最新ニュース■ 

・ナダル BIG4で生き残るには
・錦織が準Vの全米 賞金増額
・ナダル破ったブラウン勝利
(2015年7月15日16時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月28日

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!