- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

問題児キリオスに非難続出

かつて偉大なテニス選手を輩出したオーストラリアだが、近年批判を受ける行動でメディアに取り上げられる選手が見受けられる。記憶に新しいのは20歳N・キリオス(オーストラリア)の試合での態度である。

年間4回行われるグランドスラムで、年間グランドスラム(同じシーズンで四大大会全てをを制する事)を2度も達成したR・レーバー(オーストラリア)や、女子でも1970年に年間グランドスラムを達成したM・コート(オーストラリア)らを始め、E・グーラゴン=コーリー(オーストラリア)K・ローズウォール(オーストラリア)J・ニューコム(オーストラリア)P・ラフター(オーストラリア)ら、多くの著名なオーストラリア人選手がいた。

そして、今も現役を続けているL・ヒューイット(オーストラリア)も2度のグランドスラム優勝を果たしており、オーストラリアを代表して戦うデビスカップにも精力的に出場。近年は怪我に泣かされ、来年の全豪オープンでの引退を表明している。

その多くの著名な選手達は、オンコートではもちろん、オフコートでも尊敬される人間だった。その姿はどこに消えてしまったのだろうか。

今年のウィンブルドンでは、キリオスが何度も主審と口論を起こし、やる気のない姿勢を見せたり奇声を発したり、ラケットを叩きつけたりしていた。キリオスの行為に対して約1万ドルの罰金が課される処分が下された。

その行動に対して、オリンピックの女子水泳競技で4個の金メダルを含め8個のメダルを獲得した元オーストラリア代表のドーン・フレーザーは、キリオスの4回戦での振る舞いに出演したテレビ番組の中で苦言を述べていた。

77歳のフレーザーは「彼等はこの我々の国の若い世代のお手本になるべきなのです。もしそれが嫌なら両親の生まれ故郷へ帰るべきです。」と発言していた。

キリオスはオーストラリアの首都であるキャンベラで生まれたものの、父親がギリシャの出身で、母親はマレーシアの出身である。

このフレーザーの発言はインターネットで多くの批難を浴び、その後キリオスの家族に対しては謝罪するまでに至っていた。

元世界ランク3位を誇るレーバーは、テレビの取材に対して「ニック(キリオス)はまだ若いし、自分が行っている事がどういう事なのか分からない時があるのだと思う。ただ感情のおもむくままにプレーしている。しかし、それはすぐにでも成長しなければならない事。言い訳など出来ない。あれは確かに悪い行いであり、見苦しい行動だった。」と自身の見解を見せていた。

(STATS - AP)




■関連ニュース■ 

・キリオスらに侮辱発言で謝罪
・暴れん坊キリオスが大荒れ
・キリオス 3度の警告で失格寸前


■最新ニュース■ 

・ナダル BIG4で生き残るには
・錦織が準Vの全米 賞金増額
・ナダル破ったブラウン勝利
(2015年7月15日16時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月25日

ガウフ 旗手の大役「本当に光栄」 (11時37分)

ナダル五輪へ「国のためにプレー」 (10時40分)

シナー、パリ五輪欠場「非常に残念で悲しい」 (10時00分)

錦織/ダニエル組 パリ五輪複出場へ (8時46分)

柴原/錦織ペア出場 パリ五輪 (7時14分)

7月24日

必ず5000円以上貰える?!テニス365大会情報 (20時48分)

西岡良仁 2回戦は世界97位に (15時31分)

前週Vの元世界6位、接戦制し2回戦へ (13時01分)

ティーム 最後のクレーは初戦敗退 (11時56分)

5連敗阻止で全仏OPぶり白星 (10時57分)

ナダル/アルカラスのペア名は? (10時05分)

大坂なおみ パリ五輪会場で連日調整 (8時54分)

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!