- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織棄権 衝撃の全英1週目

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は5日にミドル・サンデーを迎えた。大会1週目は男子で第5シードの錦織圭(日本)が2回戦棄権、第10シードのR・ナダル(スペイン)は世界ランク102位の格下D・ブラウン(ドイツ)に2回戦で敗れた。女子では、昨年覇者で第2シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)がまさかの3回戦敗退、第3シードのS・ハレプ(ルーマニア)は初戦敗退など波乱が続出した。

ミドル・サンデーとはウィンブルドン伝統の休日で、第1週と第2週の間の日曜日は試合が行われないのが恒例となっている。

【錦織の棄権】
1日、世界中に衝撃を与えるニュースが飛び込んできた。

松岡修造(日本)以来 日本男子20年ぶりのベスト8、さらに四大大会初優勝を狙っていた第5シードの錦織が左ふくらはぎの負傷により2回戦棄権。

無理もなかった。錦織はこの半年間エンジン全開で走り続け、今年だけで今大会を含め13大会をこなし、錦織の体は悲鳴をあげていた。

前哨戦で痛めた左ふくらはぎ。とどめを刺したのはS・ボレッリ(イタリア)との1回戦。この試合で錦織は3時間22分に及ぶ死闘を強いられた。辛くも初戦突破を果たしたが、錦織に戦う力は残されておらず「一昨日の試合(ボレッリ戦)を3セットで終わらせていれば」と話すほど左ふくらはぎは限界に達しており、棄権する決断に至った。

今後、錦織は約1カ月後に行われるシティ・オープンへの出場を予定している。


【窮地に立たされたナダル】
2日、センターコートでどよめきが起きた。

2度の優勝を誇る第10シードのナダルが格下のブラウンに5-7, 6-3, 4-6, 4-6で敗れ、2回戦で姿を消した。

2008・2010年のウィンブルドンでタイトルを獲得しているナダルだが、2012年からは世界ランク100位台の選手に敗れており、今年も波乱の渦に巻き込まれた。

試合後「またあのレベルに戻れるか、自分でもわからない」と、コメントするほどナダルは落胆していた。

また、N・ジョコビッチ(セルビア)R・フェデラー(スイス)A・マレー(英国)が順当に勝ち進む中、BIG4のうちナダルだけが3回戦を前に姿を消した。「ナダル伝説」終焉とまで囁かれ始めている中、世界中からナダルの復活劇が期待されている。

一方、ナダルを破る金星をあげたブラウンは、3回戦で第22シードのV・トロイキ(セルビア)にセットカウント1-3で敗れた。


【波乱続出の女子】
4日、ディフェンディング・チャンピオンで第2シードのクヴィトバが元女王J・ヤンコビッチ(セルビア)に逆転負けを喫し、2連覇と大会3度目の優勝を逃した。

大会2日目の30日は第3シードのハレプ、昨年準優勝を飾った第12シードのE・ブシャール(カナダ)が初戦で姿を消す波乱が起きた。第7シードのA・イバノビッチ(セルビア)は2回戦敗退。

一方、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)は波乱に巻き込まれかけるも、地元H・ワトソン(英国)をフルセットの末に下して辛くもベスト16へ進出。第4シードのM・シャラポワ(ロシア)は1セットも落とさずに4回戦進出を決めている。


【日本勢の挑戦】
錦織の他にも日本から添田豪(日本)が本戦ストレートイン、守屋宏紀(日本)杉田祐一(日本)は厳しい予選3試合を勝ち抜き本戦入りを果たした。

添田は1回戦では第17シードのJ・イズナー(アメリカ)と対戦。イズナーの強力なフォアハンドを封じようとバックハンド側にボールを集めた。しかし、208センチからの角度あるサービスに対応出来ず、ストレートで敗れた。

守屋は昨年の全米オープン覇者である第9シードのM・チリッチ(クロアチア)に挑戦。第3セットはタイブレークへ持ち込むも、格の違いを見せつけられた。

杉田はB・カブチッチ(スロベニア)と対戦。2セットダウンに追い込まれるも、第3セットではサービング・フォー・ザ・セットを迎える。しかし、ダブルフォルトや凡ミスを重ねてしまったことが影響してチャンスを活かせず、結果的にストレート負けとなった。

女子では奈良くるみ(日本)が2回戦で第2シードのクヴィトバに完敗、土居美咲(日本)は初戦で第17シードのE・スイトリナ(ウクライナ)に逆転負けを喫した。

44歳のクルム伊達公子(日本)は予選1回戦で敗れるも、F・スキアボーネ(イタリア)とのダブルスでは初戦突破。2回戦では第1シードのM・ヒンギス(スイス)/ S・ミルザ(インド)組に完敗した。

ダブルスにはクルム伊達の他にも奈良、土居、青山修子(日本)が出場したが、初戦で敗れた。


【8強入りをかけた大会7日目】
6日には男子から第1シードのジョコビッチ、第2シードのフェデラー、第3シードのマレーのBIG4がベスト8進出をかけて4回戦に登場する。また、BIG4の対抗馬で第4シードのS・ワウリンカ(スイス)、期待が寄せられる第26シードのN・キリオス(オーストラリア)らも4回戦を戦う。

女子では第1シードのセリーナと姉のV・ウィリアムズ(アメリカ)の姉妹対決がセンターコートの第1試合に予定されている。第4シードのシャラポワや第5シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)も登場予定。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・限界の錦織「忘れるしかない」
・錦織の棄権 過酷なツアー
・落胆ナダル 自信喪失か


■最新ニュース■ 

・ナダルが観客に応えた行動
・ツォンガ 41本決められ敗退
・フェデラーも苦戦したサーブ
(2015年7月5日12時06分)

その他のニュース

7月20日

20歳のフィス4強 ルーネが途中棄権 (18時02分)

チチパス4強 次戦はベレッティーニ (16時08分)

内山、島袋との接戦制し4強 (15時00分)

産後の復活支えたコーチと別れ「感謝」 (14時01分)

“絶体絶命”寝そべりながらスーパーショット (12時33分)

ナダル 4時間死闘「最後までもった」 (11時31分)

ズベレフ、シナー抜き今季最多勝 (10時27分)

ナダル 4時間死闘制し4強 (8時59分)

7月19日

「いつも美しいテニスとは限らない」 (15時31分)

今季4度目8強 ナダル戦へ (12時51分)

島袋将、前週のリベンジ果たし8強 (11時55分)

重要局面で誤審 ズベレフ猛抗議 (10時57分)

ツアー史上最も低いランクで4強 (10時05分)

ナダル8強も「改善しないと」 (8時58分)

錦織圭が世界1位シナーと練習 (8時00分)

錦織圭 モントリオールは予選から出場 (7時20分)

ナダル 五輪前哨戦で圧巻の8強 (0時29分)

7月18日

【1ポイント速報】ナダルvsノリー (22時20分)

ダニエル太郎 惜敗で複初の4強逃す (20時04分)

2年ぶりツアー復帰戦で8強 (19時13分)

ズベレフ「かなり痛み感じてた」 (15時57分)

ノアがデ杯日本代表スポンサーに (14時43分)

錦織圭 五輪に向けパリへ出発 (13時13分)

前週準Vの島袋将、完勝で初戦突破 (9時42分)

世界121位が世界8位撃破の金星 (8時53分)

ナダル/ルード組、接戦制し4強 (7時55分)

【動画】寝そべりながらスーパーショット! (0時00分)

【動画】ズベレフ4強 タイトル防衛まであと2勝 (0時00分)

【動画】ナダル 4時間の死闘制しガッツポーズ! (0時00分)

7月17日

選手を誹謗中傷から守るAI導入へ (15時39分)

39歳ワウリンカ 初戦敗退 (14時05分)

野口莉央、予選から3連勝で初戦突破 (12時22分)

世界102位の大坂、全米OP本戦漏れ (11時15分)

全米OP 錦織は主催者推薦でのみ出場可能に (10時27分)

昨年王者撃破で‘18年王者が初戦突破 (10時02分)

望月 第7シードに屈し初戦敗退 (8時20分)

ナダル「成功を祈る」ボルグ息子へ (7時25分)

ナダル、ボルグに完勝で初戦突破 (0時50分)

【1ポイント速報】ナダルvsボルグ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!