- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 王者ジョコに健闘も及ばず

男子テニスツアーのマスターズ大会であるBNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、レッドクレー、賞金総額3,830,295ユーロ/優勝賞金628,100ユーロ)は15日、男子シングルス準々決勝が行われ、第5シードの錦織圭(日本)は世界ランク1位で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 6-3, 1-6で敗れ、マスターズ大会初優勝をジョコビッチに阻まれる結果となった。

両者は今回が6度目の対戦となり、錦織が敗れたことによって対戦成績を2勝4敗となった。

この試合、第1セットは序盤から安定したストローク戦に加えてネットプレーも織り交ぜてくるジョコビッチに錦織はおされてしまい、ゲームカウント0-3とリードを許す。その後も左右に揺さぶられた錦織は凡ミスを犯すなどで流れを引き戻せず、第9ゲームではブレークチャンスを握るもチャンスを活かせず、このセットを落とす。

第2セットに入ると、錦織は徐々にペースを掴み始め、第6ゲームでこの試合初めてブレークに成功、続く第7ゲーム、得意のバックハンドでジョコビッチを攻め立ててサービスキープ。ゲームカウント5-2とリードすると、第9ゲームで錦織は攻めの姿勢でラリー戦を制し、第2セットをもぎ取る。勝敗はファイナルセットへと持ち越された。

運命を分けるファイナルセット、第4ゲームでジョコビッチは得意のバックハンドのドロップショットを使い始める。それが影響したのか、錦織は凡ミスを犯してしまい、ブレークを許してしまう。

その後もジョコビッチの勢いを止められなかった錦織、最後はリターンミスで幕を閉じた。

今回、錦織とジョコビッチがクレーで対戦するのは、初対戦となった2010年の全仏オープン以来。クレーではまだ1敗しかしていない錦織と、今シーズンは圧倒的な強さで勝ち進んでいる王者ジョコビッチの一戦は、全仏オープンへ向けて大一番の試合となったが、準決勝への切符の手にしたのはジョコビッチとなった。

錦織がジョコビッチに勝利、さらに今大会で勝ち進んだ場合は24日からの全仏オープンに第4シード以内での出場の可能性があった。第4シードのR・ナダル(スペイン)が今大会で優勝した場合、世界ランキングでトップ4に返り咲くと同時に、全仏オープンで第4シード以内での出場となる。

今季のクレーコートシーズンで錦織は、バルセロナ・オープン・バンコ・サバデルで2連覇を達成、その後のムチュア・マドリッド・オープン男子ではマスターズ大会初優勝を狙い準決勝まで勝ち進むも好調のA・マレー(英国)に敗れて準決勝で姿を消すこととなった。

一方、今回勝利した王者ジョコビッチは今シーズン、1月の全豪オープンで優勝を飾ると、その後のBNPパリバ・オープン男子、マイアミ・オープン男子、モンテカルロ・ロレックス・マスターズとマスターズで3大会連続優勝を果たすなど、圧倒的な強さを見せている。

今年、念願の生涯グランドスラム達成(全豪・全仏・全英・全米の四大大会全てで優勝)を狙うジョコビッチは、未だタイトルの無い全仏オープンで優勝を果たすべく、前哨戦の1つである今大会で2連覇して勢いをつけたいところ。

勝利したジョコビッチは、第7シードのD・フェレール(スペイン)と対戦する。


■関連ニュース■ 

・錦織 「しっかり勝てて良かった」
・錦織 全仏へ向けジョコと大一番
・錦織 今季勝利数30勝あげる


■最新ニュース■ 

・セリーナ 棄権で3連覇ならず
・ベルディヒ フェデラーと対戦へ
・ジョコ接戦制す 錦織と対決
(2015年5月16日1時05分)

その他のニュース

5月19日

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

5月16日

第1シード秋田史帆 8強入り (20時39分)

険悪ムードも20戦19勝1敗で4強 (18時45分)

西岡良仁 2日遅れで1回戦へ (16時26分)

ローマ4強 トップ3シードが健在 (15時48分)

3試合以上できる!平日シングルス大会 (15時24分)

快勝で2年ぶり4強 盤石のプレー披露 (14時28分)

【YouTube】マレー、ラケットをHEADからYONEXに変更?! 第1回「テニス Weekly News」 (14時02分)

WOWOW 特別企画の配信がスタート (12時00分)

「今が人生最高のテニス」快進撃で4強 (10時58分)

ズベレフ Big3に次ぐクレー記録に到達 (10時15分)

マレー 相手途中棄権で復帰戦白星 (8時31分)

ダニエル太郎 エルベール下し初戦突破 (7時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!