- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー 初クレータイトル獲得

男子テニスツアーのATPワールド・ツアー250大会であるBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、賞金総額494,310ユーロ/優勝賞金80,000ユーロ)は4日、シングルス決勝が行われ、第1シードのA・マレー(英国)が第5シードのP・コールシュライバー(ドイツ)を7-6 (7-4), 5-7, 7-6 (7-4)の接戦を制して自身初となるクレーコートでのタイトルを獲得した。

3日に予定していた決勝戦だったが、第1セットで両者サービスキープからコールシュライバーがゲームカウント3ー2とリードした所で、悪天候のために翌日へ順延となっていた。

3時間を越える接戦となったこの試合、マレーは2度訪れたタイブレークでコールシュライバーを上回る安定感を披露し、最後は自身が握った2本目のマッチポイントでコールシュライバーのバックハンドがロングとなり今季初優勝を飾ると同時に、初めてのクレーコートでのタイトル獲得となった。

雨に悩まされた今大会、1日に予定していた準々決勝も一日降り続いた雨のために全て行われず、2日に準々決勝と準決勝が行われていた。

3日も悪天候で試合開始が遅れていたが、やっと開始された試合も両者1度もブレークポイントを握られない安定したサービスゲームを展開し、5ゲームが過ぎた所で再び雨が降り始め中断。その後も雨は激しくなるばかりで、4日へと順延となっていた。

マレーは今大会がクレー・シーズンの初戦であり、クレーコートでの初めての決勝戦の舞台だった。そして自身32回目の優勝を手にした。これで未だに優勝経験のない、同じクレーコートで開催される全仏オープンへ向けて幸先の良いスタートを切った。

現在世界ランク3位のマレーは、イギリス人選手として1976年のB・モトラム以来となるクレーコートでのチャンピオンとなると同時に、長年交際を続けて来たキム・シアーズさんと結婚して初めての大会でのタイトル獲得となった。

「本当に信じられない。」とマレー。「フィリップ(コールシュライバー)は倒すにはとてもタフな選手なんだ。」と試合を振り返り、厳しい戦いだった事を明かしていた。

コールシュライバーは今大会では2007年と2012年と2度優勝している相性の良い大会だった。

4日に再開されたこの試合、その後も両者ブレークポイントさえ与えないサービスゲームを続けタイブレークへ。そのタイブレークを制したマレーが第1セットを先取した。

第2セットは序盤で両者は1度ずつのブレークがあったが、ゲームカウント4ー3とリードしたマレーは続くゲームではコールシュライバーのサービスで3本のブレークポイントを握りながら取りきれずチャンスを生かせなかった。

その後ゲームカウント5ー5からの第11ゲームでこのセット2度目のブレークに成功したコールシュライバーがこのセットを奪い返し、勝敗の行方は第3セットへともつれた。

ファイナルセットでも両者サービスキープが続きタイブレークへ。そのタイブレークではマレーが6ー3とリードしマッチポイントを迎え、2本目のマッチポイントでコールシュライバーのミスにより、試合に幕が降ろされた。

マレーは「試合の終盤での何度かのパッシングショットは、自分に取ってラッキーだった。」と、幸運も味方になっての勝利だった事を語っていた。

今週スペインのマドリッドで行われているマスターズ1000大会のムチュア・マドリッド・オープンにはマレーもコールシュライバーもエントリーしている。

第2シードのマレーは1回戦が免除されているため2回戦から登場する。その2回戦では、またコールシュライバーとの対戦の可能性がある。コールシュライバーは1回戦で予選を勝ち上がったA・ファリャ(コロンビア)と対戦し、その勝者がマレーとの2回戦へ臨む。


■関連ニュース■ 

・マレー シアーズさんと挙式
・マレー 難敵撃破今季Vなるか
・マレーのコーチ モレスモ妊娠


■最新ニュース■ 

・昨年準V錦織 初戦の相手決まる
・セリーナ わずか55分で快勝
・錦織変わらず 初準Vは11上げる


■最新動画■ 

・次世代のテニス界を担うラオニチを特集
・錦織が自身初で大会初の3連覇達成
(2015年5月5日12時59分)

その他のニュース

10月29日

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!