- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

復帰のデル=ポトロ 勝利ならず

男子テニスのマスターズ大会、マイアミ・オープン男子(アメリカ/マイアミ、ハード、賞金総額5,381,235ドル、優勝賞金900,400ドル)は26日、シングルス1回戦が行われ、再手術から復帰した元世界ランク4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)V・ポスピシル(カナダ)に4-6, 6-7 (7-9)のストレートで敗れ、2回戦進出とはならなかった。

両者は今回が初めての対戦となった。

この試合、デル=ポトロはポスピシルに13本のサービスエースを決められ、ファーストサービスが入った時に91パーセントの確率でポイントを取られた。さらに、デル=ポトロは2度のブレークを許して1時間57分で敗れた。

デル=ポトロは昨年3月に左手首の手術を受け、手術後はリハビリと練習に励み、早期復帰を目指していた。その後今年1月にはアピア国際シドニーで約11ヶ月ぶりとなるツアー復帰を果たすも全豪オープンを欠場し、痛みを取り除く手術を受けてリハビリを受けていた。

先日行われたBNPパリバ・オープン男子に、再手術後初めて大会に出場する予定となっていたが欠場しており、復帰戦となった今大会は1回戦でポスピシルに敗れて勝利とはならなかった。

《再手術の記事はこちら》

また、デル=ポトロは黒塗りラケットを使用して今大会に臨んでいた。

過去同大会では、2009年に準々決勝でR・ナダル(スペイン)を破ってベスト4を果たしている。

一方、勝利したポスピシルは、先日行われたデビスカップ ワールドグループ1回戦、日本との対戦でカナダ代表として選出され、初日は錦織圭(日本)に敗れるもその後ダブルスで勝利をあげ、勝敗のかかった第5試合では添田豪(日本)を下してチームを勝利に導いた。

《2勝ポスピシル「結果を残せた」》

2回戦でポスピシルは、第9シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。


■関連ニュース■ 

・デル=ポトロ 再手術から復帰
・デル=ポトロ 約11ヶ月ぶり復帰
・デル=ポトロ欠場 代わりは守屋


■最新ニュース■ 

・錦織 初戦は元8位ユーズニー
・全米行きかけ 個人決勝が開催
・奈良 好調のシード選手下す


■最新動画■ 

・昨シーズンに躍進したヒラルド特集
・ツアー初優勝の34歳が最年長記録達成
(2015年3月27日13時18分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!