- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織は第1シード 3連覇なるか

2月9日から行われる男子テニスツアーのメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード、賞金総額659,070ドル、優勝賞金106,565ドル)のドローが発表され、2013年と2014年で優勝し、2連覇を達成したディフェンディング・チャンピオンの錦織圭(日本)は第1シードとして出場する。

今大会の上位シード勢は1回戦免除のため、錦織は2回戦からの登場となる。初戦となる2回戦はM・ジャジーリ(チュニジア)と予選勝ち上がり選手の勝者で、シード勢が順当に勝ち上がった場合、準々決勝で第5シードのI・カルロビッチ(クロアチア)、準決勝で第3シードのJ・イズナー(アメリカ)、そして決勝で第2シードのK・アンダーソン(南アフリカ)といずれもビッグサーバーと対戦する可能性がある。

過去同大会で錦織は、2013年の決勝でF・ロペス(スペイン)に勝利して大会初の優勝を飾っており、昨年は決勝でカルロビッチを下して自身初の大会2連覇を達成、4度目の優勝を果たした。

《錦織、初のタイトル防衛》

今回は自身初の3連覇達成を狙う。

先日行われた全豪オープンで錦織は、準々決勝で昨年覇者のS・ワウリンカ(スイス)に敗れて大会初のベスト4進出を逃すも、D・フェレール(スペイン)をストレートで下して3年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。

《錦織 ベスト8進出の記事はこちら》

今大会のシード勢は、第1シードに錦織、第2シードにアンダーソン、第3シードにイズナー、第4シードにA・ドルゴポロフ(ウクライナ)、第5シードにカルロビッチ、第6シードにS・ジョンソン(アメリカ)、第7シードにB・ベッカー(ドイツ)、第8シードにA・マンナリノ(フランス)となった。


■関連ニュース■ 

・錦織「意味はあったと思う」
・錦織 3連覇に向け練習開始
・錦織圭「大きな壁を感じる」


■最新ニュース■ 

・元世界7位フィッシュが復帰
・添田 第7シードに敗れ8強逃す
・デル=ポトロ リハビリ開始


■最新動画■ 

・錦織圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年2月7日11時43分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!