- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

IH 2年伊藤が地元優勝飾る

インターハイテニス(平成26年度全国高等学校総合体育大会)が8月2日から8日まで東京の有明コロシアム・有明テニスの森で行われ、4日まで開催された団体戦に続いて個人戦が5日に開幕し、8日に最終日を迎えた。

最終日は、男女シングルスの決勝と男女ダブルスの決勝がそれぞれ行われた。

有明コロシアムで行われた女子シングルス決勝は、3年の齊藤佳帆(拓大紅陵)と2年生の伊藤佑寧(日出)の対戦となった。

この試合、伊藤佑寧の正確なストロークと前後左右に揺さぶる展開力で齊藤佳帆を苦しめた。

齊藤佳帆は持ち前のフットワークを活かし、伊藤佑寧の厳しいコースのボールを何度も拾い、会場を沸かせた。

しかし、伊藤佑寧は最後まで攻守のバランスを崩さず、第1セットをゲームカウント6−2、第2セットをゲームカウント6−4とストレートで地元優勝を飾った。

準優勝となった齊藤佳帆(拓大紅陵)


今年のインターハイテニスは、男女シングルス共に2年生が優勝を飾った。

【インターハイテニス・女子シングルスの結果】
※横の数字は学年

1位・伊藤佑寧(日出)A

伊藤佑寧(日出)


2位・齊藤佳帆(拓大紅陵)B

齊藤佳帆(拓大紅陵)


3位・小堀桃子(大成)@

小堀桃子(大成)


3位・小池颯紀(美鈴が丘)A

小池颯紀(美鈴が丘)



■関連記事■ 

・IH 湘工2年高橋悠介(日本)が優勝
・IH 女子単の決勝カード出揃う
・IH 決勝は湘工組と四日市工組
・IH 女子8強は順当な勝ち上がり
・IH 湘工組らがベスト4進出
・IH 柳川、湘工8強出そろう
・IH 富士見丘、堀越が3回戦へ
・東京学館浦安が相生下す大勝利
・IH 柳川vs早実が熱戦


■関連動画■ 

・フェデラーが引退後の人生を語る!
・トップ10入りを果たしたディミトロフ
(2014年8月8日21時55分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!