- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【コラム】錦織に降りかかった2年ぶりの悪夢

男子テニスで現在世界ランク17位の錦織圭(日本)は、今年の全米オープンで波乱に見舞われた。それはグランドスラムで2年ぶりの初戦敗退を喫した。

錦織は、全米オープン前のウィンブルドン、ロジャーズ・カップ男子、W&Sマスターズで世界トップ10入りのチャンスがあったが、それを叶える事が出来なかった。

ウィンブルドンでは3回戦でA・セッピ(イタリア)に敗れ、大会初のベスト16進出と松岡修造(日本)以来18年ぶりの日本人男子ベスト8進出を逃した。ロジャーズ・カップ男子では3回戦でR・ガスケ(フランス)に逆転負け、W&SマスターズではF・ロペス(スペイン)にストレートで敗れた。

そんな中迎えた全米オープンでは、1回戦で予選から勝ち上がった当時世界ランク179位のD・エヴァンス(英国)と対戦。

試合序盤はグランドスラム自己最高の第11シードで出場した錦織が、パッシングショットを決めるなどで格の違いを見せつける。しかし、この日はチャンスボールを決めきれないなど、あと一歩が足りないという印象のプレー。

この錦織に対し、エヴァンスは徐々に調子を上げ始める。シングルバックハンドのエヴァンスはスライスを織り交ぜ、さらにフォアハンドでは強打してくる緩急あるプレーで錦織に襲い掛かった。

そして、第1・2セットの第10ゲームで自身のサービスゲームをブレークされ、2セットダウンの状況に追い込まれた錦織は、第3セットでもエヴァンスにブレークを許し、その後も試合の流れを引き戻せず1時間57分で敗れた。最後はダブルフォルトを犯してしまった。

この敗退は2011年の全米オープン以来2年ぶりの事となった。

当時、錦織は「サーブの入りが悪かったので、全体的にストロークが乗ってこなかった。」と、試合後にコメントしていた。

エヴァンス戦、錦織は自身のサービスゲームでポイント獲得率は、ファーストサーブ時には64パーセント、セカンドサーブ時は38パーセントの確率だった。また、8本のダブルフォルトを犯した。さらに38本の凡ミスが影響し、エヴァンスに6度のブレークを許した。

格上の錦織を下す金星をあげたエヴァンスは、2回戦でB・トミック(オーストラリア)に逆転勝利、3回戦では第19シードのT・ロブレド(スペイン)に敗れるも、グランドスラムで自身初となる3回戦進出を果たした。


【錦織圭 全米オープン戦歴】

<2013年>
・1回戦 敗退 D・エヴァンス 4-6, 4-6, 2-6

<2012年>
・1回戦 勝利 G・アンドレオシ(アルゼンチン) 6-1, 6-2, 6-4
・2回戦 勝利 T・スミチェク(アメリカ) 6-2, 6-2, 6-4
・3回戦 敗退 M・チリッチ(クロアチア) 3-6, 4-6, 7-6 (7-3), 3-6

<2011年>
・1回戦 敗退 F・チポッラ(イタリア) 4-6, 2-6, 途中棄権

<2010年>
・予選1回戦 勝利 P・カプデビル(チリ) 6-3, 5-7, 6-2
・予選2回戦 勝利 A・クドリャフツェフ(ロシア) 6-3, 7-6 (7-1)
・予選3回戦 勝利 F・ダンチェビッチ(カナダ) 6-4, 6-1
・1回戦 勝利 E・コロレフ(ロシア) 7-6 (7-0), 5-2, 途中棄権
・2回戦 勝利 M・チリッチ 5-7, 7-6 (8-6), 3-6, 7-6 (7-3), 6-1
・3回戦 敗退 A・モンタネス(スペイン) 2-6, 1-2, 途中棄権

<2008年>
・1回戦 勝利 J・モナコ(アルゼンチン) 6-2, 6-2, 5-7, 6-2
・2回戦 勝利 R・カラヌシッチ(クロアチア) 6-1, 7-5, 途中棄権
・3回戦 勝利 D・フェレール(スペイン) 6-4, 6-4, 3-6, 2-6, 7-5
・4回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 4-6, 3-6

<2007年>
・予選1回戦 勝利 P・アムリトラジ(インド) 3-6, 6-1, 6-4
・予選2回戦 敗退 B・パウ(ドイツ) 2-6, 4-6


■関連記事■

《錦織が世界179位に敗れる波乱、2年ぶりの初戦敗退<全米オープン>》

《錦織圭、ベスト8進出と世界トップ10入り逃す<ロジャーズ・カップ男子>》

《【コラム】ナダルが認める錦織の強さと可能性》

《【コラム】世界トップ10見えた錦織圭》

《【コラム】衝撃の大金星、錦織がフェデラー下す<激闘シリーズ その1>》

《錦織が元世界2位チャンを絶賛「世界トップ3のコーチ」》


■関連動画■

《2013年スーパープレー1位を発表!ATP男子ツアーマガジン Vol.198》

《2013年のスーパープレーベスト10を発表!ジョコビッチやナダルの驚異的なショットも!ATP男子ツアーマガジン Vol.198》

《ジョコビッチも唖然の完璧なドロップショットに観客が熱狂!ATP男子ツアーマガジン Vol.196》
(2013年12月15日17時09分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!