- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー、10年ぶりにトップ4から転落<世界ランキング>

男子テニスの8日付世界ランキングが発表され、ウィンブルドンでまさかの2回戦敗退を喫したR・フェデラー(スイス)は前回の3位から2つ下げ、5位へ後退した。フェデラーがトップ4から転落するのは、2003年6月以来10年ぶりの事となった。

フェデラーは、昨年のウィンブルドンで大会7度目の優勝を飾った。しかし、今年は2回戦でS・スタコフスキ(ウクライナ)に敗れポイントを大きく失ったため、10年ぶりとなる5位へ転落してしまった。

グランドスラムで歴代最多17のタイトルを獲得しているフェデラーがグランドスラムでベスト8を前に敗れるのは2004年の全仏オープン以来で、その時は3回戦でG・クエルテン(ブラジル)に敗れた。

またフェデラーが3回戦を前に敗退するのは、グランドスラムでは全仏オープン初戦で敗れた2003年以来10年ぶり、ウィンブルドンでは初戦敗退した2002年以来11年ぶりの事となった。

フェデラーがトップ5へ後退した事により、D・フェレール(スペイン)が前回4位から自己最高ランクとなる3位へ浮上した。ウィンブルドンでフェレールは、昨年に続きベスト8へ進出したため、ポイントを失わない結果となった。

その他の上位では、1位がN・ジョコビッチ(セルビア)、2位はウィンブルドンで1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりとなる悲願の地元優勝を果たす快挙を達成したA・マレー(英国)、3位がフェレール、4位はウィンブルドンでキャリア初のグランドスラム初戦敗退を喫したR・ナダル(スペイン)となった。

また、ウィンブルドンで自己最高のベスト4へ進出したJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)は、JW・ツォンガ(フランス)を抜き7位へ上昇した。デル=ポトロの自己最高ランクは、2010年1月に記録した4位である。

さらに、グランドスラムで自身初のベスト4進出を果たしたJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)は、前回から5つ上げ自己最高の17位となった。

《ウィンブルドン 男女対戦表》

《世界ランキング一覧》


■関連記事■

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《引退についてフェデラー「それは突然訪れる」》

《7度優勝フェデラーにまさかの波乱「こんな結果は望んでいない」<ウィンブルドン>》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《「信じられないような試合」で王者に敗れたデル=ポトロ「やっぱり悲しい」<ウィンブルドン>》

《マレー、77年ぶりの快挙達成して「何が起きたか覚えてない」<ウィンブルドン>》

《王者ジョコビッチが快挙達成のマレーを称賛「優勝者に相応しい」<ウィンブルドン>》


■関連動画■

《フェデラーが芝のコートで躍動!ATP男子ツアーマガジンVol.176》

《芝のシーズンが開幕!好スタートを切ったのはどの選手だ!?ATP男子ツアーマガジン Vol.176》
(2013年7月8日8時00分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!