"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOP上級者の甘い罠に気をつけろ!

SPECIAL COLUMNS

Vol.23 上級者の甘い罠に気をつけろ!

最後にもうひとつネットがらみの罠を紹介する。今度はおびき出されたわけではなく、自ら攻めたケース。それでも上級者は突き球で罠を仕かけてくることがある。

状況はこうだ。相手のボールが短かったので(前例とは異なり、上級者も意図していない場合)、それをアプローチしてネットへ。そのアプローチにはある程度深さがあり、効果が期待できそうだ。するとパッシングがセンターに。しかもそれほどきびしくなく、ボレーのリーチ範囲内に来た。そこですかさずオープンスペースを狙ったが、それをボレーミス。または平凡なボレーとなり楽に相手にパスされてしまった。

ポイントとなるのは、相手からのセンターへのパッシング。上級者はよほどのチャンスでない限り、一度センターを狙って一端しのぐ。とくにアプローチが深く追い込まれたときはそうだ。センターはもっともネットが低く、かつボレーで角度をつけにくいからだ。また自分より格下が相手だとボレーも怖がらない。だから堂々とミスの確率が少ないセンターを狙ってくるのだ。

対処法はもう一度、来た方向にボレーすること。相手の逆をつける可能性が高いし、第一、こちらのボレーミスの確率も下がる。テニスではボールの方向を変えるときにミスが起こりやすいが、来た方向に返すだけなら面はブレずショットが安定する。

またファーストボレーをミスしない相手というのはレベルにかかわらず嫌なもので、上級者でも徐々にプレッシャーを感じるはず。ボレーをオープンスペースに打ちたくなる気持ちはわかるが、かならずしもそれは鉄則ではない。相手に一度返す勇気もときには必要だ。とくに相手が上級者なら、なおさらその勇気が欠かせない。

<< 前ページ

(テニスジャーナル 2005年2月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!