"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOP上級者の甘い罠に気をつけろ!

SPECIAL COLUMNS

Vol.23 上級者の甘い罠に気をつけろ!

まず最初に紹介するのは、バックのラリーで低く滑るボールが何本か続いた後、突然センターに緩いチャンスボールがやってきたというパターン。とくにこちらがフォアの強打を得意とするタイプと見たとき、上級者が仕かけてくる典型的な罠だ。

ミスのパターンはこうだ。こちらはそのセンターのボールをここぞとばかりにフォアに回り込んで逆クロス、もしくはダウン・ザ・ラインに強打。しかしそれがネットというケースだ。

ミスしてしまう理由は、そのボールはチャンスボールに見えて実際はそうでもないから。たしかに直前の低く滑るボールよりは扱いやすい。ペースもスピードもないかもしれない。しかし、じつはそのボールには深さがあるはず。通常なら、けっして強打しない深いボールであることが多いのだ。逆にいえば、深さの見極めが普通にできれば罠にかかることもないのだが、なかなかそうもいかない。

この状況で思わず強打してしまうのは、やはりそれ以前に相手が仕かけた布石が効いているからだ。低く滑るボールでさんざん我慢させられて、こちらは冷静さを欠く心理状態。そこに降って湧いたようなチャンスボールが来る。あるいは自分のスライスが功を奏し、相手がたじろいだようにも感じられる。もう千載一遇のチャンス到来とつい錯覚してしまうわけだ。相手が上級者であればあるほど、なおさらそう感じられるだろう。

ここでのキーポイントは低いボールの対応を余儀なくされて、こちらが平常心を失っているという点。逆に、その点に注意し平常心を保てれば、簡単には引っかからないようになるはずだ。

2番目のパターンはこちらの浅いダウン・ザ・ラインのショットから始まる。フォアでもバックでも、または意図的にしろ違うにしろ、とにかくこちらがそのショットを打ったとき、上級者は罠を仕かけてくることがある。そのダウン・ザ・ラインに対し、ショートクロスを返球してくるのだ。

しかもそのショットは、サービスラインとシングルスラインがクロスしている付近に落ちる。つまり比較的甘いショットだ。もちろんもっと角度をつけられるケースではそうしてくるだろうが、上級者はここではあまり無理をしない。角度をつければそれだけミスのリスクが高まる。あくまでも相手のミスを誘うのが彼らのスタイルだ。

こちらのミスはそのショートクロスを再度ダウン・ザ・ラインに狙ったときに起こる。ネットまたはオーバー。たまたまコートに収まったとしても、上級者はそれをしっかりと読んでいて、がら空きのオープンコートに切り返えされるのがおちだ。

対処法はシンプルで、ショートクロスにはショートクロスを打ち返せばいい。狙いは相手と同じで、こちらは無理をせず相手に無理をさせたいわけだ。

最初のダウン・ザ・ライン自体は悪くない。展開を変えるアクセントは、ラリーには不可欠だからだ。ただ、それだけで上級者がたじろぐことはあまりない。そう見えたとしたら、それは罠と思ったほうが無難だ。またその後、再度ダウン・ザ・ラインを狙うのは、この展開の中ではハイリスク、ローリターンな戦法だ。2回連続してのダウン・ザ・ラインは自然と力が入るし、第一かなり走らされている状況。たとえベストショットを打ったとしても、相手は待ちかまえている。良いことは何もない。
<< 前ページ

「上級者の甘い罠 パターン B&C」>>

(テニスジャーナル 2005年2月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!