"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOP急造ペアの即席コンビネーション

SPECIAL COLUMNS

Vol.16 急造ペアの即席コンビネーション

if it's bad situation----2 状況が劣勢になったら

keep the rally とにかくラリーを続ける

センターセオリーを増やす

前ページではおもにメンタル的な改善策を紹介した。ここでは、戦術的な挽回策を述べてみよう。

劣勢を強いられているということは、それだけラリーが続かないということでもある。もちろん粘ってはいるが、最終的にポイントを相手に取られてしまうというケースもあるだろうが、そう多くはないはず。トータルで見れば、やはり相手に主導権を握られ、試合をコントロールされているのが実際だろう。だとすると、採るべき戦術はひとつ。とにかくラリーを1本でも多く続けるということだ。そうやってボールに触る回数を増やすことで、本来のリズムを取り戻すことはテニスではよくある。またペア自体のリズムがそれにより向上する可能性も高い。

この状況では、ボレーでもリターンでも、とにかくトリッキーなショットやリスキーなプレイは避け、センターセオリーを実践することが重要だ。余計なことはしない。ひたすら真ん中にボールを集めてミスを減らすことに心を砕くべきだ。

try the poach ただしポーチは例外

前衛は積極的な気持ちで

リスキーなプレイやトリッキーなショット、つまりギャンブル的なプレイは避けるべきだと前述したが、その中にはじつはポーチは含まれない。ポーチは、たとえ劣勢の中でも積極的に狙っていくべき戦略であり、ショット。たとえ初コンビであっても、前衛はその気持ちを忘れたり、消極的になってはいけない。その点でポーチの際はパートナーに遠慮する必要はない。

もちろんポーチにもリスクはある。逆をつかれ、ダウン・ザ・ラインに運ばれることもあるかもしれない。しかしそれを警戒しすぎると、そもそもダブルスが成立しない。またみすみすチャンスを逃し、結果的にそれが影響して失点しまったら、結局、同じことだ。

ダブルスにおいてはポーチはギャンブルではない。もし2本に1本成功したとすれば、ポーチの相手に与える心理的影響は小さくない。それが試合を決定づける局面で、効いてこないとも限らない。つねにトライする心を失わないようにしたい。
負けているときにはリスクの高いプレイ、トリッキーなショットは避けるべきだが、唯一、ポーチだけはその例外。パートナーと打ち合わせをしてどんどんトライするべきだ。勝敗を左右するような場面でポーチが決まれば、劣勢を挽回することもできるかもしれない

<< 前ページ

(テニスジャーナル 2004年5月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!