"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOP急造ペアの即席コンビネーション

SPECIAL COLUMNS

Vol.16 急造ペアの即席コンビネーション

during the match プレイが始まったら……

いざ試合が始まると、事前の打ち合わせどおりにいかないことも多い。混乱を避けるには、試合中に確認し合うことが大事。このページではフォーメーションと、センターボールの対応、ロブ対応と最低限必要な3つのテーマに絞って解説する。

break the formation 型にとらわれる必要はない

セオリーより長所優先の陣形で

初コンビの場合、いくら事前に打ち合わせをしていても、プレイがかみ合わないことが多い。ダブルスの動きは、局面次第で複雑に展開していく。コンビネーションが確立されていて、初めてそれに対応できるのであって、不慣れなペアの場合はできることが限られているからだ。

だとすれば、そうした複雑なコンビネーションやダブルス特有のセオリーは、捨ててみるのもありだ。たしかに雁行陣より平行陣のほうが有利だし、堅牢なフォーメーションは安定感がある。だがそれにとらわれすぎて、自分たちの長所を生かせなければ意味がない。前のページでも述べたように、互いの長所、得意なショットを引き出す陣形やプレイが初ペアには必要なのである。

ストローカーなら、後ろで構えてボールをつくるという仕事がある。ボレーヤーなら、リターン&ネットという意表をつく作戦もできる。自分とパートナーの長所の組み合わせを考えるべきだ。

vs center ball 真ん中はどちらのボール?

後衛にはリスク管理が不可欠

次はセンターに来たボールの処理について。慣れたペアでも、譲り合ってしまうことがあるほどで、とくに初コンビにとっては対応がむずかしいケース。まただからこそ、どちらの処理かを事前に約束事として決めておいたほうが無難だといえる。

とはいっても、どちらが対応するかは原則的には状況次第。前衛の場合もあるし、後衛の場合もある。ただおそらく、実際にボールに触る回数は後衛のほうが多いはず。手を出したくても出せないケースが前衛にはあるからだ。ネットや相手との距離からいって、それは仕方がない。

しかし、つねに後衛対応を前提にすることは、じつはお勧めできない。あくまでも後衛はリスク管理。前衛が取れなかったときの受け皿として考えるべき。またそれを強く意識してほしい。でなければ、相手にプレッシャーをかけられない。取れる場合は取りに行く。その姿勢が、前衛から失われてしまうからだ。実際は後衛が対応するが、つねに前衛は前で取ることを狙っていくべきだ。

vs lobbing ball ロブ対応の心がけとは?

信頼と持ち場意識が求められる

もうひとつダブルスならではの処理が求められるのが、ロブへの対応。

ロブに関しては、「持ち場感覚」をかなり意識してほしい。持ち場とは、コートを左右半分、つまりフォアサイドとバックサイドに割ったその半面である。自分のサイドに来たボールは、浅くても深くてもとにかく取る。スマッシュでもハイボレーでも、あるいは一度落としてでも、絶対に取る。その持ち場意識がダブルス、とくに不慣れなふたりには必要だ。

それには身長や経験は関係がない。パートナーが小柄でも、その守備範囲のロブであれば、パートナーに任せる。自分がスマッシュが得意でも任せる。あなたを信頼していますよ、というその姿勢がのちのち生きてくるからだ。また任せてみて初めて、できることとできないことなど、わかることも多い。とくに試合序盤では、信頼して持ち場を離れないことが大切。出過ぎた真似は禁物だ。
前衛はつねに前でボールを取ることを狙う
後衛の鋭いショットに対して相手が当てて返しただけのボールに、積極的に反応した前衛の杉山。このように、前衛はつねに前でボールを取ることを狙っていくべき。また逆に後衛は、万が一そのボールが前衛をスルーして自分の所に来ても、しっかりと対応できるように準備しておくべき。リスク管理の姿勢が大切だ
<< 前ページ

「状況が劣勢になったら 1」>>

(テニスジャーナル 2004年5月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!