"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPテニスの身体 下巻

SPECIAL COLUMNS

Vol.13 テニスの身体 下巻


最後に、華奢で非力、可憐なイメージのハンチュコバについて述べてみよう。

彼女は、とにかく細身で、一見折れてしまいそうなイメージが強いかもしれない。しかし、じつは長身でもある。前述のダベンポートほどではないにせよ、181センチと女子選手の平均をかなり上回る。そのため、ダベンポートと同じように、高い打点からの強打がもっとも得意。フォアハンドでも両手打ちのバックハンドでもエースを取ることができる。

ただ長身だからといって、誰もが強打できるわけではない。そこには、彼女なりの身体を生かした工夫を見ることができる。そのひとつが手足の長さを生かした、大きなフォームとスウィング。筋力的にはそれほど恵まれず、どちらかといえば非力な彼女が力強いボールを打ち込めるのは、その遠心力を最大限生かした打ち方ができるからだ。また細身だが、体軸ぶれずバランスがいい。それが回転の大きな、あのフォームの土台となっている。

また、ハンチュコバは手と目の感覚にも優れている。手が長いので、インパクトの際、目とボールの間に人並み以上に距離がある。それでも正確にボールを捉え、人並み以上の強打を実現できるのは、手と目の協調性が高いから。いわゆるハンド・アイ・コーディネーションだ。長い手足をもてあますことなく、大きなスウィングを行なうことができるのは、この能力が高いからだ。
長い腕をもてあますことなく、うまく遠心力に利用したハンチュコバのフォアハンド・ストローク
大きなテイクバックと大きな軌道のスウィング。長い腕をもてあますのではなく、多いに活用。非力さを遠心力で補っているハンチュコバのショット。身体の特徴を生かしたフォームで、強打を可能にしている

<< 前ページ

(テニスジャーナル 2004年2月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!