"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPテニスの身体 下巻

SPECIAL COLUMNS

Vol.13 テニスの身体 下巻


杉山愛は、現在の女子テニス界において、けっして体格や筋力に恵まれたタイプではない。最近では、日本女子の中でもどちらかというと小柄な部類に入るし、オーバーパワーが持ち味でもない。

では、そんな彼女が世界でトップ10に食い込むことができた理由は何だろうか。それは、自分の身体能力を理解し、特徴をうまくプレイスタイルに活用できたからだろう。その意味では、世界でも希有な存在だといえる。

では、彼女の特徴的な身体能力とは何だろうか。ひとつには、まず心肺能力が挙げられる。彼女は一発よりもロングラリーで、エースをとることが多いが、それでも息が乱れない。また3セット戦っても、肩で息をすることはほとんどない。持久力的なスタミナがある証拠だ。

ふたつめは下半身の粘り。膝を曲げたまま重心の低い体勢を彼女は長く保つことができる。低いボールにとくに強い理由がこれだ。また1歩目の反応が早く、機敏に動けるのも、下半身の粘りと無関係ではないだろう。リターンでの反応や読みの良さ、ダブルスでのポーチ、ボレーvsボレーなどにも、彼女の身体能力は生きている。

3つめは目の良さで、とくに空間認知の力。彼女は深いロブに対して、一瞬の判断で、落下点を察知することができる。何の迷いもなく落下点まで下がり、スマッシュを決めることができるのは、この能力が高いからだ。足が速いだけではないのだ。
低い姿勢を長く保った杉山のフォアハンド・ストローク
重心を低くし、膝を曲げたままの体勢を長く保つ。またそれを1球だけではなく、毎回、実践する。そのためには驚異的な下半身の強さと粘りが必要だ。日本人女子選手の共通点でもあるが、とくに杉山はその点で秀逸
<< 前ページ

「リンゼイ・ダベンポート」>>

(テニスジャーナル 2004年2月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!