"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPテニスの身体 下巻

SPECIAL COLUMNS

Vol.13 テニスの身体 下巻


ダベンポートの身体の特徴として、まず最初にイメージされるのは、その上背の高さだろう。189センチ。文字どおり、男子と肩を並べる高さだ。その長身を生かして、角度のあるサーブや高い打点の強打が得意なのは、当然。上から叩きつけるようなショットは、彼女の武器のひとつだ。

ただそれだけではないところが、彼女と彼女以外の長身選手の違い。彼女は特有の球際の強さを持っているのである。

たしかに足はあまり速くない。機敏に動けるわけでもない。そのため左右に振られて、追い込まれることもけっして少なくない。それでも、最後にはかわしてしまうというケースが、ダベンポートには意外に多い。長いリーチが功を奏しているのが、その要因のひとつ。また、器用で身体のさばき方、左手の使い方が上手なのもその理由に入るだろう。

それらをひとことでいえば、「懐の深さ」となる。左の肘と身体の位置や方向を微妙に調整し、打点をずらす。前で取ることもあれば、意図的に打点を遅らせることもできる。そのさじ加減がじつにうまい。彼女が同じフォームからロブやアングル、強打などを雑作もなく打ち分けることができるのも、それが理由だ。

またタッチに優れているので、微妙なコントロールを駆使することもできる。その体格から大味なイメージを持ちがちだが、じつは繊細な感覚の持ち主。ボールさばきに長けた選手のひとりである。
遠いボールに対し、長いリーチと左手をうまく使って返したダベンポートの両手打ちリターン
インパクトでの微妙な面の向きと力加減。とくに左肘や左手の繊細な力加減で、ボールをコントロールするダベンポート。追い込まれても、この懐の深さ、タッチの良さで、悪い状況をクリアすることが彼女には多い
<< 前ページ

「ダニエラ・ハンチュコバ」>>

(テニスジャーナル 2004年2月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!