国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡良仁の5つをATPが特集

西岡良仁
全豪オープンの西岡良仁
画像提供: tennis365.net
男子プロテニス協会のATPは14日に公式サイトで、世界ランク48位の西岡良仁の「知っておきたい5つのこと」と特集した。

>>YouTube テニス365チャンネル<<

【YouTube】ワッキーが守屋 宏紀から両手バックハンド3つのポイント教わる

24歳の西岡は現在キャリア最高の世界ランク48位を記録。今シーズンは1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初の3回戦進出を果たした。

1, 2017年に大きなけがに苦しんだ

2017年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)でマスターズ初の16強入りを果たした後、左脚の前十字靭帯断裂でツアー離脱。手術・リハビリを乗り越えて約9カ月ぶりに公式戦のプレイフォード・テニス国際(オーストラリア/プレイフォード、ハード、ATPチャレンジャー)に出場するも1回戦で敗れた。


2, 深センで大躍進を遂げた。

手術を終えて18カ月後の2018年9月に西岡は深セン・オープン(中国/深セン、ハード、ATP250)でツアー大会初優勝を飾る。

予選から勝ち上がった同大会の2回戦ではD・シャポバロフ(カナダ)と対戦し、2本のマッチポイントをしのいで勝利。その後は準々決勝でC・ノリー(イギリス)、準決勝でF・ベルダスコ(スペイン)、決勝でPH・エルベール(フランス)を下してタイトルを獲得した。

「ここまで来るのに7度の試合を制した。簡単ではなかった。精神的な強さ、スタミナや諦めない部分が僕の武器だ」


3, 彼は「西岡」で「錦織」ではない。

深セン・オープンでタイトルを獲得した後のオンコートスピーチで、西岡はファンに名前を覚えてもらうために時間を設け、名字が似ていることから「僕の名前は『西岡』で『錦織』ではないです」と話し会場を沸かせた。

2019年のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)2回戦では錦織と初対戦。ストレートで勝利すると、3回戦も勝ち上がりATPマスターズ1000大会初の8強入りを果たした。


4, 身長は問題ではない。

西岡と世界ランク13位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)は身長が170cmでトップ50位の選手では最も低い。しかし彼らは対格差を克服して世界で戦っている。

「僕らにはスピードやテクニックがある。他の選手たちのようにパワーがない分、これらの質を上げていかないといけない。サービスエースを1試合に20本打つなどはできないから、相手の弱点や強い部分をしっかり分析していく」


5, ヨッシーが最速。

西岡は2月のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)で準優勝。大会途中に行われたイベントで西岡はマリオカートのキャラクターであるヨッシーの姿でS・ジョンソン(アメリカ)J・トンプソン(オーストラリア)とゴルフカートでレースを行い、見事1位に輝いた。

「みんな知っていると思うけど、ヨッシーは1番速いんだ。だから僕が勝った」




■関連ニュース

・ナダル 西岡良仁を称賛
・西岡棄権「点滴2リットル」
・西岡「不愉快な試合でした」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年6月15日16時50分)

その他のニュース

9月22日

8年弱のコーチ関係終了を報告 (15時04分)

【告知】西岡vsケプファー (14時09分)

ハレプ 思わぬ形でV「気の毒」 (12時40分)

全仏OP 新たに1選手が陽性に (11時32分)

【告知】錦織vsガリン (10時00分)

ジョコ 5年ぶり5度目のローマV (8時33分)

高3関東女子、重田夢亜が優勝 (6時49分)

高3関東男子、篠田玲が優勝 (6時44分)

9月21日

日比野菜緒、元世界3位破る (21時54分)

錦織 無観客は「集中できる」 (17時22分)

2連覇へ王手、元女王対決へ (15時59分)

全仏2020の賞金額を発表 (15時58分)

内山靖崇 全仏OP会場で練習 (15時27分)

錦織「今年の目標はない」 (11時26分)

熱戦制し今季3勝目に王手 (11時00分)

高3テニス 関東大会が開幕 (10時25分)

3時間超えの死闘制し決勝へ (7時54分)

全仏会場でコロナ陽性2選手 (6時52分)

ジョコ 10度目の決勝進出 (5時46分)

9月20日

ビッグ3から初勝利「最高」 (16時29分)

「憧れ」のディミトロフ下し4強 (14時52分)

メドヴェデフが第1シードで出場 (13時27分)

敗退のナダル「期待できない」 (11時20分)

好調アザレンカを破り4強へ (10時30分)

ジョコ 苦戦も7年連続4強入り (9時09分)

シュワルツマン4強へ ナダル破る (7時23分)

9月19日

錦織 初戦は世界21位と初対戦 (23時12分)

高3テニス大会 沖縄代表が決定 (21時20分)

逆転勝ちで6年ぶりに8強へ (16時31分)

8強ナダル 次戦はシュワルツマン (14時56分)

「キュッパーマルゴーのリキラケってなに?」 (13時29分)

ハレプ快勝、上位勢が8強入り (12時02分)

全国高3テニス 沖縄大会開催 (10時58分)

ジョコ 14年連続ローマ8強へ (9時30分)

錦織撃破の18歳 8強ならず (7時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!