- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルら全豪OP8日目詳細

ラファエル・ナダル
ラファエル・ナダル
画像提供: tennis365.net
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は大会8日目の27日、男子シングルス4回戦が行われる。

>>ナダルvsキリオス 1ポイント速報<<

>>メドヴェデフvsワウリンカ 1ポイント速報<<

(1)R・ナダル(スペイン) vs (23)N・キリオス(オーストラリア)

キリオスは全豪オープンで2005年のL・ヒューイット(オーストラリア)以来、オーストラリア人として同大会でナダルからの勝利を狙う。

両者は8度目の対戦でナダルの4勝3敗。四大大会では過去に2度しか対戦がなく、どちらもウィンブルドン。ハードコートではキリオスの2勝1敗。

(4)D・メドヴェデフ(ロシア) vs (15)S・ワウリンカ(スイス)/(7)A・ズベレフ(ドイツ) vs (17)A・ルブレフ(ロシア)

メドヴェデフとルブレフが勝つと、ロシア男子では2008年のN・ダビデンコ(ロシア)以来の同大会8強入りとなる。メドヴェデフは今季7試合で勝利している。

ルブレフは昨年の10月から負けなしで、今季のドーハとアデレードで優勝。今夜は15連勝の記録更新を狙う。

2014年の全豪オープン覇者であるワウリンカは、自身のキャリアに新たな記録を生む試合に挑む。メドヴェデフに勝利するとツアー300勝目となり、18度目の四大大会8強進出となる。これは現役選手ではジョコビッチ、ナダル、R・フェデラー(スイス)A・マレー(イギリス)に続く記録。

ズべレフはルブレフ戦で家族の歴史をかけた戦いを行う。今日勝利すると、自身初の同大会ベスト8進出と2017年に兄であるM・ズベレフ(ドイツ)が8強入りした記録に並ぶ。

(4)D・ティーム(オーストリア) vs(10)G・モンフィス(フランス)

ティームはモンフィスに過去負けなしで、5戦全勝。モンフィスから6勝目をあげベスト8に進出すると、2002年のS・クーベック(オーストリア)以来のオーストリア人として同大会で8強入りとなる。

モンフィスは過去9度のグランドスラム8強入りを果たしているが、過去同大会の準々決勝進出は1度のみ。もし今日勝利し10度目の四大大会ベスト8に進出すれば、Y・ノア(フランス)のフランス史上最多2番目の記録回数に並ぶ

また、大会7日目26日の観客動員数は合計で72,310人で、昨年の70,259人を上回った。デイセッションでは53,830人、ナイトセッションでは18,480人が会場へ足を運んだ。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)〜2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・キリオス「ナダル知らない」
・ナダル、ボール直撃でお詫び
・ナダル、キリオス戦へ見解

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2020年1月27日11時09分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!