- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「圭を追った」チョンが快挙

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は10日目の24日、男子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク58位で21歳のチョン・ヒョン(韓国)が韓国史上初の四大大会ベスト4進出を果たす快挙を成し遂げた。

>>全豪OP 男子対戦表<<

試合後の会見で、記者から「この数年間でアジア人選手のシングルスでの活躍が目立っている。それまでには見られなかった。何がこの変化を生んだと思うか?」との質問に、チョンは錦織圭が要因だと述べた。

「彼が(世界ランキングで)トップ10入りを果たした。だからアジア人選手は圭(錦織)を目指し、彼のあとを追った。彼はアジア人選手の誇り」

この日チョンは、第9シードのS・ワウリンカ(スイス)や第5シードのD・ティーム(オーストリア)らを破る快進撃で8強入りした世界ランク97位のT・サングレン(アメリカ)を6-4, 7-6 (7-5), 6-3のストレートで下した。

「今日の試合は本当にタフだった。なぜなら、午後1時からの試合だったから。どう戦うかは、お互い分かっていた。大会前のオークランドで対戦していた。自分のコートだけに集中して楽しもうとした。それが今日の試合の鍵だった」

第3セットの第9ゲームでは40-0から反撃されるも、6本目のマッチポイントで最後サングレンのボールがアウトし、2時間28分で勝利を手にした。

「最後のゲームは、色んなことがよぎった。あと1ポイント取れば、韓国の歴史を変えるとか、そんなことも考えた。祝賀会についても考えたり。とにかく、冷静でいなければいけなかった。だから試合が終わるまで冷静でいるように努めていた。 みんな全豪オープンを観ていると思う。なぜなら、韓国の歴史を作っているから」

チョンは3回戦で第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)に勝利すると、4回戦では第14シードで全豪オープンを6度制している元王者のN・ジョコビッチ(セルビア)を破っての勝ち上がりだった。

「(ジョコビッチとの4回戦の後は)勝ったから疲れていなかった。トップ選手から勝利をした後は、疲れない。ただただハッピーだった」

また、子どもの頃には全豪オープンでの活躍を夢見ていたと明かしたチョンは、準決勝へ向け「まずは体を回復させたい。これまでと同じプレーをするように心掛けたい」と意気込んだ。

準決勝でチョンは、昨年覇者で第2シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。フェデラーは準々決勝で、第19シードのT・ベルディヒ(チェコ)をストレートで下しての勝ち上がり。






■関連ニュース

・ジョコ脱帽「信じられない」
・「考えてほしい」とナダル苦言
・ユーチューバーが試合を妨害

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月24日21時02分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!