- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ脱帽「信じられない」

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、男子シングルス4回戦が行われ、第14シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は世界ランク58位のチョン・ヒョン(韓国)に6-7 (4-7), 5-7, 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。試合後の会見では「チョンは信じられないプレーだった。勝者に値する。苦しい状況から素晴らしいパッシング・ショットなどを決めてきて、まるで壁のようだった」と脱帽した。

>>錦織らニューポートビーチCH対戦表<<

>>錦織 復帰初戦1ポイント速報<<

>>全豪オープン対戦表<<

今大会で公式戦の復帰を果たしたジョコビッチは、21歳のチョンの挑戦を受けた。2016年の全豪オープン1回戦ではジョコビッチがストレート勝ちしたが、2年後にはその逆の結果となった。

元世界ランク1位のジョコビッチが全豪オープンでストレート負けを喫すのは、2007年の4回戦でR・フェデラー(スイス)に敗れた時以来11年ぶりのことだった。

韓国史上初の四大大会ベスト8進出を果たす快挙を成し遂げたチョンについて、ジョコビッチは「彼は確実にトップ10選手になれるテニスをしている。間違いない。そこからどこまで行くかは彼次第。当然、彼を尊敬している。なぜなら、彼は熱心に練習し、きちんとトレーニングをする選手。だから、これから素晴らしい成績を残すだろう」と期待を寄せた。

続けて「彼は肉体的に強くなっているし、みんなが言うように成長している。この15カ月で彼は大きな大会で大きな試合を戦った。欠点が見つからなかった。本当に安定していたし、最高の試合をしていた」と称賛した。

この日、右肘の治療を受け、試合中に険しい表情を浮かべるなどのジョコビッチは「残念ながら、あまり良くはない。第1セットの終わり頃から痛みが増した。試合が終わるまで何とか耐えるしかなかった」と万全ではなかったことを明かした。

「プレーする機会に恵まれて感謝している。プレーできるかどうか分からなかった。ここで4試合戦えた。4回戦敗退は残念で、受け入れなければいけない。あれほど時間を費やしながら治っていないことに不満はあるけど、これが事実。全てのことには理由がある。テニスが大好きだからベストを尽くしただけ。トレーニングも楽しい。残念ながら対処しなければならないことが多すぎた」

今後については「全く分からない。またチームやメディカル・チーム、そしてコーチと全てを見直さなければいけない。検査をして状態がどうなのかを診てもらう必要がある。この数週間は、かなりテニスをした」と答えた。

また、ジョコビッチは「今は、けがの話をしたくない。チョンの勝利を奪いたくないからね。彼は勝利に値するプレーをした」とチョンを気遣った。

一方、チョンは四大大会初の4強へ向け、準々決勝ではノーシードから勝ち上がってきた世界ランク97位のT・サングレン(アメリカ)と対戦する。サングレンは4回戦で第5シードのD・ティーム(オーストリア)をフルセットで下しての勝ち上がり。






■関連ニュース

・主審に怒り「仕事お粗末」
・ユーチューバーが試合を妨害
・猛暑 ジョコ「限界だった」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月23日7時41分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!