- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

V4狙うジョコビッチ、初戦「全てが良くなった」<全豪オープン>

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は13日に開幕し、男子シングルス1回戦が行われ、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)L・ラコ(スロバキア)を6-3, 7-6 (7-2), 6-1のストレートで下し、大会4連覇へ向け好スタートを切った。

この試合が今シーズン最初の試合だったジョコビッチはミスが目立ち、本人も認めるようにジョコビッチらしからぬプレーが続いた。

第1セットは先にブレークしたジョコビッチはゲームカウント4-1とリードしながらも、第7ゲームでブレークバックを許す。しかし、再び集中力を高めたジョコビッチは第8ゲームで2度目のブレーク成功、さらに第9ゲームをサービスキープして第1セットを先取。

続く第2セットは試合の主導権を握れず、このセットはタイブレークへともつれた。そのタイブレークでは2-2からジョコビッチが5ポイントを連取すると、このセットも奪い勝利へ王手をかけた。

接戦となった第2セットを制したジョコビッチは、第3セットに入りやっと本来のプレーを取り戻すと、世界ランク96位のラコを圧倒し、2時間ちょうどで初戦突破を果たした。

「シーズン最初の試合だった。5・6週間ぶりの公式戦だった。最初の1・2セットはちょっと粗いプレーだったけど、その後は全てが良くなった。」と、本人も序盤のミスの多いプレーを振り返っていた。

この日、試合のコートサイドには、今季から新たにコーチとして招き入れた元世界ランク1位のBo・ベッカー(ドイツ)が見守る中での試合だったジョコビッチ。新体制になって初めての試合をベストのプレーではない中でも勝利をものにした。

2回戦でジョコビッチは、世界ランク98位のL・マイェール(アルゼンチン)と2回戦で対戦する。この日行われた1回戦でマイェ―ルは、同60位のA・モンタネス(スペイン)を6-1, 6-3, 6-1で退けての勝ち上がり。

一方、第8シードのS・ワウリンカ(スイス)A・ゴルベフ(カザフスタン)との1回戦に登場し、6-4, 4-1とリードしたところでゴルベフが左足ふくらはぎの怪我のため途中棄権を申し入れたため、2回戦へ駒を進めた。

昨年キャリアベストのシーズンとなった28歳のワウリンカは、昨年の全豪オープン4回戦でジョコビッチに対し、一歩も譲らない試合を展開。ファイナルセット10-12で惜敗するも、当時世界ランク17位だったランキングを自己最高位の8位でシーズンを終えた。

そして、シーズン獲得ポイントの上位8選手しか出場出来ないツアー最終戦に、自身初となる出場を果たしていた。

今季もインドで行われた開幕戦のチェンナイ・オープンで優勝を飾り、昨年からの好調を続けているワウリンカは、この日も第1セットでは1度ブレークをゴルベフに許したものの、2度のブレークに成功して第1セットを先取。

第2セットも序盤で2度のブレークに成功したワウリンカはゲームカウント4-1とリードしたところで、それまでも左足にテーピングを施していたゴルベフが試合続行が不可能と判断。途中棄権を申し入れて、1時間5分で2回戦進出となった。

順当に勝ち上がると、準々決勝で昨年大接戦を演じたジョコビッチと対戦となるワウリンカは、2回戦でM・ククシュキン(カザフスタン)を6-7 (2-7), 6-2, 6-2, 6-3の逆転で下したA・ファリャ(コロンビア)と対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

○S・ワウリンカ(8) vs. ●A・ゴルベフ, 6-4, 4-1 (途中棄権)
I・ドディグ(クロアチア)(32) vs. ●I・カルロビッチ(クロアチア), 7-6, 6-3, 7-6
○A・ファリャ vs. ●M・ククシュキン, 6-7, 6-2, 6-2, 6-3
S・ジョンソン(アメリカ) vs. ○A・マンナリノ(フランス), 6-3, 3-6, 0-6, 7-5, 4-6
D・セラ(イスラエル) vs. ○J・ニエミネン(フィンランド), 6-3, 6-7, 7-6, 3-6, 3-6
S・ヒラルド(コロンビア) vs. ○S・クエリー(アメリカ), 3-6, 2-6, 6-3, 6-7
M・ヨージニ(ロシア)(14) vs. ●J・シュトルフ(ドイツ), 6-1, 6-4, 6-2
N・マウー(フランス) vs. ○M・エブデン(オーストラリア), 3-6, 5-7, 6-4, 6-0, 3-6
D・フェレール(スペイン)(3) vs. ●A・ゴンザレス(コロンビア), 6-3, 6-4, 6-4
F・マイヤー(ドイツ) vs. ●D・クドラ(アメリカ), 6-4, 6-2, 6-4
E・ガルビス(ラトビア)(23) vs. ●J・モナコ(アルゼンチン), 1-6, 6-4, 7-6, 6-2
○D・ティエム vs. ●J・ソウサ(ポルトガル), 5-7, 6-4, 6-3, 7-6
K・アンダーソン(南アフリカ)(19) vs. ●J・ヴェセリ(チェコ共和国), 2-6, 6-7, 6-4, 6-4, 6-4
F・フォニュイーニ(イタリア)(15) vs. ●A・ボゴモロフJR(ロシア), 6-3, 6-2, 0-0 (途中棄権)
ディ・ウー(中国) vs. ○K・ド=シェッパー(フランス), 5-7, 5-7, 6-7
R・ガスケ(フランス)(9) vs. ●D・グエス(フランス), 7-5, 6-4, 6-1
A・ラモス(スペイン) vs. ○P・アンドゥハル(スペイン), 4-6, 2-6, 4-6
P・カレノ=ブスタ(スペイン) vs. ○J・ベネトー(フランス), 3-6, 6-3, 6-4, 1-6, 2-6
V・ポスピシル(カナダ)(28) vs. ●S・グロス(オーストラリア), 6-4, 6-3, 6-4
J・シャーディ(フランス)(29) vs. ●J・ウタ-ガルング(オランダ), 6-2, 6-4, 6-4
N・ダビデンコ(ロシア) vs. ●L・クボット(ポーランド), 3-6, 6-3, 3-6, 6-3, 6-4
C・ベルロク(アルゼンチン) vs. ○E・ロジェ=ヴァセラン(フランス), 4-6, 6-7, 7-6, 2-6
J・ヤノヴィッツ(ポーランド)(20) vs. ●J・トンプソン, 1-6, 4-6, 6-4, 6-2, 6-1
R・ベランキス(リトアニア) vs. ○A・ドルゴポロフ(ウクライナ), 5-7, 5-7, 2-6
T・ハース(ドイツ)(12) vs. ○G・ガルシア=ロペス(スペイン), 5-7, 2-5 (途中棄権)
○L・マイェール vs. ●A・モンタネス, 6-1, 6-3, 6-1
T・ロブレド(スペイン)(17) vs. ●L・ロソル(チェコ共和国), 6-1, 6-7, 3-6, 7-6, 8-6
D・ツルスノフ(ロシア)(30) vs. ●M・ラッセル(アメリカ), 6-2, 6-2, 6-3
M・バグダティス(キプロス) vs. ○D・イストミン(ウズベキスタン), 4-6, 5-7, 4-6
○N・ジョコビッチ(2) vs. ●L・ラコ, 6-3, 7-6, 6-1

全豪オープン2014


■関連記事■

《錦織「簡単な1回戦ではない」<WOWOWインタビュー>》

《錦織「勝てるように頑張りたい」、大会2日目に登場<全豪オープン>》

《【コラム】ジョコビッチ、史上初の4連覇なるか》

《元世界1位ベッカーがジョコビッチのコーチに》

《ロディックが暴露、ジョコビッチとの出来事》

《王者ナダルが疑問「理解に苦しむ」<全豪オープン>》


■関連動画■

《全豪オープンテニス2014みどころ》

《2013年で最も飛躍した若手を発表!ATP男子ツアーマガジン Vol.197》

(2014年1月14日9時58分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月18日

コルダ 米対決制し16強 (19時05分)

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

8月16日

元世界3位 3年ぶり初戦突破 (22時39分)

カレノ=ブスタ浮上、最終戦ランク (19時19分)

土居美咲 17歳新鋭に敗れる (18時31分)

21歳で世界1位「長期的に考える」 (15時48分)

31本エース 辛くも初戦突破 (14時45分)

デ杯GS ジョコら出場 (13時51分)

ベレッティーニ下し初戦突破 (12時13分)

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

8月15日

大坂39位、土居は95位に (19時02分)

西岡TOP50目前の51位に (18時02分)

メド全米へ「自信つけたい」 (15時51分)

18歳ガウフ 複1位に到達 (15時01分)

大坂39位 15日付世界ランク (13時38分)

錦織 12年ぶり300位台へ (12時43分)

錦織「手術して良かった」 (11時00分)

ナダル 今は「健康維持」が1番 (8時51分)

ハレプ 4年ぶり3度目V (8時11分)

カレノ=ブスタ MS初優勝 (7時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!