マドリッドの目標は「初戦突破」

ゲッティイメージズ
第2シードのメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP公式サイトは2日、マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)に第2シードとして臨む世界ランク3位のD・メドベージェフ(ロシア)のコメントを掲載した。大会初勝利を目指す第2シードの思いが語られている。

>>錦織らマドリッドOP対戦表<<

>>錦織vsハチャノフ 1ポイント速報<<

メドベージェフは過去2度同大会に出場したものの、いずれも初戦敗退。同じくクレーコートで競われる全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でもいまだ勝ち星をあげることができないなどクレーコートを苦手としている。

また、3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)出場後には新型コロナウイルスの陽性反応を示したため、クレーコートシーズンの序盤を欠場。今大会が今季のクレー初戦となる。

それでも、マドリッド・オープンでは第1シードのR・ナダル(スペイン)に次ぐ第2シードとして出場。上位進出が期待されるなか、大会初勝利を目指すメドベージェフの意気込みが語られた。

「僕にとってはステップ・バイ・ステップだ。今回は初勝利をあげることが目標。このあと行われるローマ、そしてローランギャロス(全仏オープン)、マドリッドの3大会では少なくとも初戦を突破することがゴールだ」

「もちろん、トーナメントに参加するときは優勝することが1番の目標。でも、僕にとってはクレーコートはハードコートよりもタフ。調整してベストを尽くし、良いテニスを見せたいと思っている。良いテニスを見せれば、素晴らしい試合に勝つことができるはずだ」

さらにメドベージェフはマドリッドのコートがよりハードコートに近いサーフェスだと話した。マドリッドの会場は標高667mと高地にあるためボールが速くなるという。

「ここはハードコートに近いと言える。なぜなら、クレーでも高度が高く、サーブが速く出るから。試合を見ても、クレーでは少し苦戦する選手がここでは良いプレーができていることがわかるよ。それが、大会前に気持ちを楽にさせてくれる要因のひとつでもあるね」

今大会の初戦である2回戦では世界ランク世界ランク49位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と同85位のPH・エルベール(フランス)のどちらかと対戦する。

「ダビドビッチはすでにクレーの大会にいくつか出ているし、スペインの選手。もし勝ち上がってきたら少しタフな戦いになるだろうね。いくつかの試合に勝って、クレーコートでの試合に勝つという感覚を身につけなければならないと思う」

今大会の第3シードはD・ティーム(オーストリア)、第4シードはS・チチパス(ギリシャ)、第5シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第6シードはA・ルブレフ(ロシア)、第7シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第8シードはM・ベレッティーニ(イタリア)。上位8シードは1回戦免除のため2回戦から登場する。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)~5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)~5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に「きつい状況」と理解

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2021年5月3日16時33分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)