- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「理解できない」とセリーナ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会13日目の8日、女子シングルス決勝が行われ、第17シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)(アメリカ)は第20シードの大坂なおみに2-6, 4-6のストレートで敗れ、2014年以来4年ぶり7度目の優勝を逃した。

>>ジョコvsデルポ 1ポイント速報<<

>>全米OP男子 対戦表<<

>>全米OP女子 対戦表<<

決勝戦、セリーナはコーチング、ラケットの破壊、主審への暴言で3度の警告を受けた。これにより、ゲームペナルティを科せられたセリーナは戦わず第2セットの第8ゲームを失い、第9ゲームへ臨むことになった。

そのゲームはサービスキープするも、第10ゲームでは最後大坂の強烈なワイドへのサービスを返球できず1時間19分で力尽き、M・コート(オーストラリア)に並ぶ歴代最多タイの四大大会24勝目とはならなかった。

会見でセリーナは「私たちにサインなどない。そんな話し合いもしたことがない。オンコート・コーチングを要求したわけでもない。理解できない」とコメント。

今回の主審を務めたカルロス・ラモス氏について「(これまで)全く問題はなかった。彼はいつも素晴らしい主審だった」と述べたセリーナだったが、今回の件に関しては怒りをあらわにした。

「彼(ラモス氏)は私からポイントを奪った。彼は私が不正をしたと主張したが、私はやっていなかった。彼と話し合いもした。『あなたは私の性格を知っているはず』と言った。オンコート・コーチングをしないことも知っているはず。実際してはいない。」

「すると彼は『分かった。あなたが言っていることは分かる』と。ボックスを見たけど、コーチングを受けたように見えたのかもしれない。でも、みなさんに伝えます。コーチングを受けたのではない。不正をしなければ勝てないのなら、負けた方がいい。不正をして勝つ必要はない。もう十分優勝してきた」

記者から「主審との口論が試合の結果に影響はしたか?」と聞かれたセリーナは「分からない。彼女(大坂)は本当にいいプレーをしていたと感じている。でも、試合を挽回して逆転するために、多くのことをする必要があった。どんな状況であれ、いつも最後まで戦うし、挽回するように努めているから、何と言っていいのか難しい。でも彼女は本当に本当にいいプレーをしていた」と答えた。

全米テニス協会(USTA)は同日に「主審の判断は最終決断であり、コートへ呼ばれた大会レフリーやグランドスラムのスーパーバイザーによって再検討されるものではない」と声明を発表している。

一方、四大大会初の決勝という大舞台で元世界ランク1位のセリーナにストレート勝ちした20歳の大坂は、日本選手で史上初となる四大大会優勝の快挙を成し遂げた。

「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!新規ご加入の方がもれなくもらえるプレゼントもあり!(応募締め切り:9月15日24時まで)

【放送予定】
8月27日(月)〜9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・セリーナ、ジョコ発言を批判
・大坂 セリーナ撃破「最高」
・大坂 セリーナ戦の胸中を告白

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月9日20時56分)

その他のニュース

10月29日

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!