- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナがジョコ発言を批判

男子テニスのマスターズ大会であるマイアミ・オープン男子(アメリカ/ マイアミ、ハード)に出場している多くのトップ選手達は、先週まで行われていたBNPパリバ・オープンの主催者だったR・ムーアの女子選手を軽蔑するコメントに対して批判するコメントを出している。

ムーアはその発言に対して謝罪文を公表したが、その発言の翌日である21日の夜に、自身の職を辞する決断を下していた。

毎年3月にカリフォルニアで行われている男女共同開催であるマスターズ大会でムーアは、29年間に渡り多岐にわたる役割を果たしてきた。

20日に行われた女子シングルス決勝戦で、V・アザレンカ(ベラルーシ)が世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)を破る直前に、女子選手は男子選手に感謝すべきで、それは「女子選手は男子選手に恩恵を受けているから。」とする発言をしていた。

加えてムーアは「自分がもし女子選手だったら、膝まづいてR・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)が生まれてきてくれたことに感謝するだろう。なぜなら、彼等がプロテニス界を牽引しているから。」とも述べていた。

男子世界ランク2位のA・マレー(英国)は男子選手も女子選手も平等であると信じている。

「特に男女共同開催の大会などでは、100パーセント平等であるべきだと思っている。その発言のタイミングは、とても不可思議なもの。女子の決勝戦直前のもので、その試合には1万6,000人もの観客がスタジアムに来ていた時だった。全てが不思議で、とても落胆するものだった。」とマレーは語っていた。

アメリカ人男子ナンバー1であるJ・イズナー(アメリカ)もその発言に対して落胆のコメントを出した。

「あのようなコメントは、ある意味品位に欠けるものだと思う。その後の論争を起こすきっかけになるのは当然。我々のツアーを考えても、男子プロテニス協会(ATP)は、我々に値すべきことに対して戦うべきだと思うし、女子プロテニス協会(WTA)も同じくそうするべきだと感じている。」

元BNPパリバ・オープンの主催者で昨年の秋にWTAの会長に就任したS・シモン会長は、ムーアの退任に関する声明を22日に発表していた。

「R・ムーアは自身が発した受け入れがたい発言に対して、全ての責任がある。退任するのは、彼にとって正しい決断だと思っている。BNPパリバ・オープンは2009年以降、男女平等の賞金を提供し続けている。WTAはL・エリソンと共に活動することに期待しているし、このインディアンウェルズのチームのテニスというスポーツの発展と全ての選手の平等への努力の継続にも期待している。」

22日には、男子世界ランク1位であるN・ジョコビッチ(セルビア)による発言に対する懸念が持ち上がっていた。それは、男子の試合の方が観客動員が多いために、男子の試合により多くの賞金を提供するべきだとしたものだった。

男子世界ランク2位のマレーは「全てが合致するわけではない。その日その日の試合の状況によっても変わってくる。」とセリーナの試合は通常の男子の試合よりも多くの観客が来るであろうと加えていた。

「男子プロテニスもこの10年間は平等であったことでラッキーだった。でも、それはテニス界全体に反映していることで男子に限ったことではないと思っている。」とも述べていた。

セリーナはムーアのコメントに対しての発言は避けていたが、男女平等の賞金の維持については思いを明かしていた。

「もし娘が出来てテニスをしたら、そして息子が出来てテニスをしたら、息子が単に男だからと言ってより多くの賞金をもらうべきだとは思わない。2人とも同じような賞金をもらうべきだと感じている。」とセリーナ。

そして「ジョコビッチは述べる権利があると思う。もし彼が娘を持ったら、今は息子がいると思うけど、彼は娘に対して息子が男の子だから彼の方が多くの賞金をもらうんだと話してみるべきだと思う。」と加えていた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ジョコ「男子へ多くの賞金を」
・セリーナ「男子に便乗」へ反論
・「男子に便乗」発言を謝罪
(2016年3月23日14時58分)

その他のニュース

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

9月14日

錦織らトップ10が勢揃い (20時45分)

東レ予選1回戦、日本勢結果 (19時02分)

22年ぶり 決勝で日本人対決 (18時23分)

大坂「チャンス与えたい」 (17時42分)

大坂ら 東レ組み合わせ発表 (16時35分)

ダニエル太郎 4強入りならず (13時37分)

大坂 東レ会場で練習 (12時38分)

杉田、内山が4強入り (11時43分)

ヒューイットが寄付呼びかけ (10時14分)

土居、日比野が準決勝に登場 (8時59分)

9月13日

香港OP デモ影響で延期に (17時42分)

ハレプ 来季コーチが復帰へ (15時54分)

日比野菜緒、昨年覇者破り4強へ (14時58分)

快勝ダニエル太郎 CH8強へ (13時53分)

大坂 コーチへ「感謝している」 (11時33分)

元1位クレイステルス 復帰へ (10時35分)

マレー 上海にWCで出場決定 (9時00分)

大坂 コーチ関係解消を発表 (6時59分)

9月12日

「ラファは再び証明した」 (19時41分)

土居美咲 熱戦を制し8強へ (18時26分)

杉田祐一8強 内田海智破る (18時07分)

錦織vsフェデラー 先行販売 (16時48分)

奈良くるみは8強ならず (15時14分)

八百長で永久追放と罰金 (14時43分)

ムラデノビッチが8強進出 (13時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!