- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ 全豪OP4回戦敗退

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、男子シングルス4回戦が行われ、第14シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は世界ランク58位のチョン・ヒョン(韓国)に6-7 (4-7), 5-7, 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、2年ぶりのベスト8進出とはならなかった。

>>錦織らニューポートビーチCH対戦表<<

>>全豪OP 男子対戦表<<

この試合、7本のダブルフォルトを犯すなど自身のサービスゲームで苦戦したジョコビッチは、タイブレークの末に第1セットを落とす。その後は、メディカルタイムアウトを要求し、トレーナーから足と右肘の治療を受けた。

第2セットもチョンのペースで試合が進み、2度のブレークを許したジョコビッチはセットカウント0−2の崖っぷちに立たされる。第3セットでは第1ゲームでブレークに成功したが、第2ゲームですぐにブレークバックされると、最後はタイブレークで力尽き、ストレートで敗れた。

ジョコビッチは今大会、1回戦で世界ランク63位のD・ヤング(アメリカ)、2回戦で同39位のG・モンフィス(フランス)、3回戦で第21シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)を下して4回戦まで駒を進めていた。

右肘の回復が間に合わず、開幕戦のカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、ハード、ATP250)を欠場したジョコビッチは、エキシビジョン クーヨン・クラシック(オーストラリア/クーヨン、ハード)で約6カ月ぶりの実戦を白星で飾った。

全豪オープンでは過去6度の優勝を誇るが、昨年は2回戦で当時世界ランク117位のD・イストミン(ウズベキスタン)に敗れる波乱に見舞われていた。

一方、勝利したチョンは準々決勝で、世界ランク97位のT・サングレン(アメリカ)と対戦する。サングレンは4回戦で第5シードのD・ティーム(オーストリア)をフルセットで下しての勝ち上がり。






■関連ニュース

・ジョコ 全豪ボイコット否定
・猛暑 ジョコ「限界だった」
・杉田 ファンへの感謝忘れず

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月22日20時37分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!