- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

堀江亨に独占インタビュー

堀江亨
インタビューに応じた堀江亨
画像提供: tennis365.net
男子テニスでシングルス・ジュニア世界ランク177位の堀江亨は15日、tennis365.netの独占インタビューに応じた。2017年を振り返り、今後についてを語った。

【異色の経歴、錦織に憧れてテニスを選択】

小学校1年生の時、堀江はテニスコーチの父親の影響でテニスを始めた。さらに、テニスの他に極真空手、テコンドー、バレエでも才能を発揮し、4つの競技で全国大会出場の輝かしい成績をおさめた。その後、小学校の高学年で錦織圭の活躍を目にし、テニスに専念することを決心。

テニスに絞ってからは数々の大会で頂点に立ち、小学6年生で全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)を優勝するまで、地元の岐阜で父親からテニスの基本を学んだ。高校入学時にはテニスの腕をさらに磨くため、岐阜を離れて母親と2人で上京。米沢徹氏が指導するTEAM YONEZAWAの門をたたいた。



>>堀江亨 プロフィール<<
生年月日:1999年5月18日(18歳)
出身:岐阜県関市
ジュニア世界ランキング:最高21位
プレースタイル:右利き(両手バックハンド)

■2009年
・TOMAS CUP 全国ジュニアテニスツアー チャンピオンズ大会10歳以下 優勝

■2011年
・全国小学生テニス選手権大会 優勝

■2013年
・全日本ジュニアテニス選手権14歳以下 優勝

■2014年
・全国中学生テニス選手権大会 優勝

■2015年
・DUNLOP SRIXON ジャパンオープンジュニアテニス選手権大会 優勝
・全日本ジュニアテニス選手権 16歳以下 優勝
・ジュニア・デビスカップ 日本代表のナンバー1として戦い、世界4位に導く

■2016年
・オレンジボウル ダブルス優勝


【全米Jr複決勝で準V「涙が止まらなかった」】

一時は結果が出ず、苦しみ、葛藤する日々を送った堀江はジュニア最後のシーズンとなった2017年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ジュニアで大活躍。シングルスはリードから初戦敗退を喫したが、清水悠太とのダブルスではノーシードから1セットも落とさずに決勝進出を果たす快進撃を見せた。



「悠太(清水)とオレンジボウルのダブルスで優勝してからは、全部の大会で優勝しようという気持ちでプレーしていました。僕は悠太が決めやすいような配球をしようとしていました。左利きの悠太とは相性がすごく良かったです」



決勝で待っていたのは、第1シードのY・シュー(台湾)/ Y・ウー(中国)組。堀江/ 清水組は第1セットを落とすも第2セットを取り、10ポイント先取のマッチタイブレークへ持ち込んだ。

その後は一進一退の攻防が続き、堀江/ 清水組はマッチポイントを握った。

「マッチポイントでは僕が硬くなり、ボレーをミスしてしまってから落ち込んでしまいました。いつもなら励まし合って巻き返しますが、その時は声が出ていませんでした。それで流れが相手にいってしまいました」



堀江/ 清水組は逆転を許し、四大大会ジュニアダブルスで史上初の日本人ペアによる優勝に、あと一歩届かなかった。

「普段は泣きませんが、帰りのバスの中では涙が止まらなかったです」

対戦したウーはシングルスも優勝し、全米オープン・ジュニア単複2冠を達成。そのウーと今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ジュニアのダブルスでペアを組んでいた堀江は「おめでとうと祝福したいですが、悔しいです」と口にした。

敗れはしたが、日本のジュニア選手へ勇気を与える戦いを堀江と清水は見せてくれた。


【「あの舞台で、もう1度試合がしたい」】

今後について堀江は、アメリカの大学へ進学、さらに所属も予定していると明かした。

「今はアメリカの大学を考えています。大学で活躍し、その後プロへ転向したいです。プロになるにしろアメリカの大学へ行くにしろ、若いうちにフューチャーズで優勝したいです」

「僕はさぼり癖があるので、アメリカへ行けば初めての環境があります。16歳の時もヨーロッパ数カ国へ1人で行きました。この経験で心技体を鍛えることができたので、新しいところへ行きたいです」

最後に、プロに転向してからは、堀江自身が1番好きなウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)での活躍を誓った。

「グランドスラムジュニアで立ったあの舞台で、もう1度試合がしたいです」








■関連ニュース■

・堀江/清水 決勝後のコメント
・全日本Jr 優勝の堀江「嬉しい」
・清水悠太に独占インタビュー
(2017年12月20日16時44分)

その他のニュース

5月24日

【告知】西岡良仁vsジョコビッチ (0時00分)

5月23日

19歳が全仏女王破る金星 (23時55分)

シフィオンテクが29連勝 (21時16分)

大坂を撃破「タフな試合」 (20時36分)

大坂なおみ 全仏OP初戦敗退 (19時40分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsアニシモワ (18時05分)

アルカラス「本当に幸せだ」 (17時46分)

内山靖崇、森田あゆみが優勝 (11時40分)

「ナダルよりジョコと対戦」 (9時00分)

大坂、全仏初戦「違う試合に」 (8時00分)

ティーム「数ヶ月はかかる」 (6時57分)

アルカラス 快勝で初戦突破 (6時19分)

ズベレフ「スタートに満足」 (5時01分)

オジェ 逆転で全仏初2回戦へ (1時25分)

ディミ 94分で全仏初戦突破 (0時29分)

5月22日

優勝候補の一角ジャバー撃破 (23時41分)

ダニエル太郎、全仏初戦敗退 (23時03分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバレール (21時15分)

ティーム 2年連続の初戦敗退 (21時09分)

ニューエラ「テニスコラボ」予約開始 (20時38分)

ナダルのファンが会場に殺到 (18時44分)

ノリー、クレー初Vで4勝目 (17時42分)

土居、全仏初戦「タフになる」 (16時47分)

西岡 ジョコ戦「正直厳しい」 (16時02分)

ルード2連覇「クレイジー」 (15時23分)

フェデラーがハミルトン訪問 (12時22分)

ダニエル太郎「調子が良い」 (11時00分)

ジョコ「感情目覚めさせる」 (9時57分)

ATPの方針に「本気か?」 (8時12分)

ジョコ「左利きは難しい」 (7時27分)

5月21日

チチパス 準V「残念だった」 (22時51分)

ジョコやナダルと「反対側」 (20時37分)

YouTubeラケットの選び方 後編 (20時01分)

大坂「最悪の選手」は避ける (18時31分)

ナダル CL決勝を現地観戦か (17時41分)

全仏女王「肘に問題あった」 (17時05分)

メド「5セットできる状態」 (16時34分)

28連勝で全仏「目標設定ない」 (15時52分)

ルード連覇に王手「楽しみ」 (15時03分)

ナダル「自身の可能性信じる」 (12時23分)

ATPは「殺人者側に立った」 (11時25分)

フェデラー 目標は2023年のWB (10時50分)

大坂、全仏へ「鎮痛剤飲む」 (9時14分)

穂積/二宮組、今季3勝目 (8時43分)

「今年のWBはポイント廃止」の方針 (8時17分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!