- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

清水悠太に独占インタビュー

清水悠太
インタビューに応じた清水悠太
画像提供: tennis365.net
男子テニス・ジュニア世界ランク10位の清水悠太は12日、tennis365.netの独占インタビューに応じた。2017年を振り返り、2018年に向け意気込みを語った。


全日本ジュニアテニス選手権'17

清水は、ジュニア最後のシーズンとなった今年8月のダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権'17(大阪/大阪市、靱テニスセンター)で単複2冠を達成。


全米オープン・ジュニア

全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ジュニアのダブルスでは、日本人同士のペアで四大大会ジュニア初の決勝進出。決勝は大接戦の末に敗れ、惜しくも優勝まで一歩届かなかった。


世界スーパージュニアテニス選手権大会

その悔しさをバネに、大阪市長杯 世界スーパージュニアテニス選手権大会(兵庫県/ブルボンビーンズドーム、室内ハード)で見事優勝し、世界ジュニアの頂点に立った。


【全米Jr複準優勝のショックは大きかった】



9月、清水は堀江亨とのペアで全米オープン・ジュニアのダブルスに出場し、ノーシードから1セットも落とさずに決勝進出を果たす快進撃を見せた。

決勝は息の合ったプレーで第2セットを取り、10ポイント先取のマッチタイブレークではマッチポイントを握った。しかし、第1シードのY・シュー(台湾)/ Y・ウー(中国)組に挽回を許し、4-6, 7-5, [9-11]で惜敗した。

「優勝まで、あと一歩だったので悔しかったです。今考えても悔やむところはあります。ショックはかなり大きく、試合直後はかなり悔しかったです」

対戦したウーはシングルスも優勝し、全米オープン・ジュニア単複2冠を成し遂げた。

ダブルス決勝でウーと対戦した清水は「体が大きくて、パワーがありました。サーブも良かったので力の差を感じまし、ラリーしていても押されたりする」と印象を話した。


【スーパーJr優勝は応援が力になった】



清水は、タイトルを獲得した世界スーパージュニアテニス選手権大会について「僕は第1シードだったので、最初から優勝したいと思っていました。優勝できて嬉しかったです」と述べた。

決勝は清水が第1セットを先取する好スタートを切った。第2セットはゲームカウント5−3とリードし、第9ゲームでマッチポイントを握った。しかし、第2シードのT・スカトフ(ロシア)に挽回を許してタイブレークへ持ち込まれたが、6-3, 7-6 (7-5)のストレート優勝を決めた。

「(第2セットのゲームカウント)5−5に追いつかれた時点で焦りはありました。地元のジュニアやテニスラボのキッズら色んな方が応援してくれたので、それが力になりました」

日本勢男子が世界スーパージュニアテニス選手権大会を制したのは、2016年の綿貫陽介に続いて2年連続となった。過去には、現在世界のトップで活躍するM・チリッチ(クロアチア)N・キリオス(オーストラリア)杉田祐一内山靖崇らも優勝している。


【「会社を背負って戦うのが初めてでした」】

現在18歳の清水はイカイに所属し、今年12月の第32回 テニス日本リーグ1stステージに出場した。

シングルス3戦全勝でチームに貢献した清水は「会社を背負って戦うのが初めてでした。最初は少し緊張しましたが、イカイが楽しいチームなので試合も伸び伸びとできました。ジュニアの時のようにラリー戦だけではなく、サーブ・アンド・ボレーなど色々な戦いをするのが、ジュニアの時と違う点です」と振り返った。

4勝0敗で1stステージを終えたイカイは、2018年の1月19日に行われる2ndステージで決勝トーナメントを目指す。


【プロ1年目から結果を出したい】



2018年の4月にプロ登録を予定している清水は「1年目から結果を出して、ランキングを上げられるように12月からしっかり練習して頑張ってきたいと思います。1・2月の日本リーグで活躍できればと思います」と意気込んだ。

続けて「自分はバックハンドが得意。これからはフォアを武器にしていかなければと思っています」と自身の課題をあげた。








■関連ニュース■

・堀江/清水 決勝後のコメント
・清水悠太、重圧乗り越えV
・清水悠太 U18単複2冠達成
(2017年12月14日16時38分)

その他のニュース

10月29日

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!