- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

堀江/清水 決勝後のコメント

清水悠太/堀江亨
準優勝の堀江亨(左)/清水悠太(右)組
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は9日、ジュニアの男子ダブルス決勝が行われ、堀江亨(東海/関スポーツ塾・T)/ 清水悠太(関西/西宮甲英高)組は第1シードのY・シュー(台湾)/ Y・ウー(中国)組に4-6, 7-5, [9-11]のフルセットで敗れ、惜しくも日本人同士のペアで四大大会ジュニア史上初の優勝とはならなかった。

>>ナダルvsアンダーソン 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

決勝戦、堀江/ 清水組は第1セットを落としたが第2セットを取り、10ポイント先取のスーパータイブレークへ持ち込んだ。


岩本コーチ、井上トレーナーら日本チーム

そして、9−8とマッチポイントを握ったが堀江のボレーがラインを割り、9−9に追いつかれる。最後はそこから2ポイントを連取され、1時間17分で敗れた。



試合後、堀江は「決勝の舞台のファーストセットは緊張して、40-40や40-15から硬くなって取り切れなかったです。セカンドセットはいい形でもっていけました。ちょっとしたミスが敗因です。相手は第1シードでしたが、決勝では引いてしまった部分はありました」とコメントした。

マッチポイントを握った時については「いつもなら簡単に決めれるボールを、勝ちが見えて1テンポ遅れてしまいました。自分がミスをしてしまって負けてしまったので、すごい悔しいです」と悔しさをにじませた。

そう話す堀江に対し、清水は顔を横に振り「違う違う」と口にしていた。



清水は「初めてのグランドスラムの決勝で、普段より緊張しました。縮こまってしまったので、自分の力が出せずファーストセットは終わってしまいました。セカンドセットは何とか取れましたが、ファイナルセットはチャンスがあって取り切れなかったファーストセットを引きずってしまいました」と振り返った。

昨年からペアを組んでいる堀江/ 清水組。今大会はノーシードから1セットも落とさずに決勝へ進出する快進撃を見せていた。

清水は「去年からずっと組んでて今回が最後だったので、いい形で終われたらと思っていました。そう甘くはなかったです。残念ですが、最後まで一緒に組めて良かったです」と述べた。



また、腹筋を痛めていた清水は「日本にいる時から少し痛くて、けがを負いながらの戦いでした。薬を飲んで何とかやっていましたが、そこは勝敗に関係ないと思います」と明かした。

日本勢男子のシングルスは堀江、清水、羽澤慎治(関西/西宮甲英高)の3選手が初戦で敗退したが、田島尚輝(関東/TEAM YONEZAWA)はベスト8へ進出した。






■関連ニュース■ 

・清水悠太 初のJrトップ10入り
・清水悠太 U18単複2冠達成
・清水悠太、今井 慎太郎破る
(2017年9月10日16時56分)

その他のニュース

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!