- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

堀江/清水 決勝後のコメント

清水悠太/堀江亨
準優勝の堀江亨(左)/清水悠太(右)組
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は9日、ジュニアの男子ダブルス決勝が行われ、堀江亨(東海/関スポーツ塾・T)/ 清水悠太(関西/西宮甲英高)組は第1シードのY・シュー(台湾)/ Y・ウー(中国)組に4-6, 7-5, [9-11]のフルセットで敗れ、惜しくも日本人同士のペアで四大大会ジュニア史上初の優勝とはならなかった。

>>ナダルvsアンダーソン 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

決勝戦、堀江/ 清水組は第1セットを落としたが第2セットを取り、10ポイント先取のスーパータイブレークへ持ち込んだ。


岩本コーチ、井上トレーナーら日本チーム

そして、9−8とマッチポイントを握ったが堀江のボレーがラインを割り、9−9に追いつかれる。最後はそこから2ポイントを連取され、1時間17分で敗れた。



試合後、堀江は「決勝の舞台のファーストセットは緊張して、40-40や40-15から硬くなって取り切れなかったです。セカンドセットはいい形でもっていけました。ちょっとしたミスが敗因です。相手は第1シードでしたが、決勝では引いてしまった部分はありました」とコメントした。

マッチポイントを握った時については「いつもなら簡単に決めれるボールを、勝ちが見えて1テンポ遅れてしまいました。自分がミスをしてしまって負けてしまったので、すごい悔しいです」と悔しさをにじませた。

そう話す堀江に対し、清水は顔を横に振り「違う違う」と口にしていた。



清水は「初めてのグランドスラムの決勝で、普段より緊張しました。縮こまってしまったので、自分の力が出せずファーストセットは終わってしまいました。セカンドセットは何とか取れましたが、ファイナルセットはチャンスがあって取り切れなかったファーストセットを引きずってしまいました」と振り返った。

昨年からペアを組んでいる堀江/ 清水組。今大会はノーシードから1セットも落とさずに決勝へ進出する快進撃を見せていた。

清水は「去年からずっと組んでて今回が最後だったので、いい形で終われたらと思っていました。そう甘くはなかったです。残念ですが、最後まで一緒に組めて良かったです」と述べた。



また、腹筋を痛めていた清水は「日本にいる時から少し痛くて、けがを負いながらの戦いでした。薬を飲んで何とかやっていましたが、そこは勝敗に関係ないと思います」と明かした。

日本勢男子のシングルスは堀江、清水、羽澤慎治(関西/西宮甲英高)の3選手が初戦で敗退したが、田島尚輝(関東/TEAM YONEZAWA)はベスト8へ進出した。






■関連ニュース■ 

・清水悠太 初のJrトップ10入り
・清水悠太 U18単複2冠達成
・清水悠太、今井 慎太郎破る
(2017年9月10日16時56分)

その他のニュース

8月15日

【告知】デル=ポトロvsチョン (23時59分)

【告知】錦織vsワウリンカ (19時38分)

相手MPで驚異のエース決める (17時03分)

シャポバロフ16強 シード撃破 (16時01分)

セリーナ 2回戦で力尽きる (14時57分)

ティーム棄権 代わりは71位 (11時01分)

【1ポイント速報】フェデラー、チチパスら初戦 (10時59分)

フェデラー 8度目Vへ好発進 (9時22分)

ワウリンカら全米WCで出場 (6時57分)

前週準Vチチパスは初戦敗退 (5時44分)

全日本Jr 女子14日結果一覧 (5時23分)

全日本Jr 男子14日結果一覧 (4時57分)

大坂 2大会連続の初戦敗退 (1時59分)

【1ポイント速報】大坂vsサッカリ (0時00分)

8月14日

錦織vsワウリンカ 対戦一覧 (22時05分)

フェデラー 1416回目の戦いへ (21時49分)

インカレ14日の女子結果 (20時08分)

インカレ14日の男子結果 (20時08分)

錦織、最終戦12位へ後退 (16時42分)

38本エース決めるも敗退 (14時50分)

錦織 2回戦ワウリンカに決定 (11時53分)

ジョコ 終盤苦戦も初Vへ前進 (11時47分)

錦織 初戦突破「うれしい」 (11時30分)

【1ポイント速報】ジョコ、マレーら初戦 (8時34分)

錦織 W&Sオープン初戦突破 (4時15分)

マレー惜敗、逆転勝利ならず (4時11分)

【1ポイント速報】錦織vsルブレフ (0時01分)

8月13日

告白「昼夜つきまとわれた」 (20時24分)

錦織23位 日本勢世界ランク (19時01分)

ナダル 史上4人目の偉業達成 (18時18分)

ナダル 33度のV「最高」 (18時17分)

チチパス「彼はブルドッグ」 (18時10分)

「申し訳ない」ナダルは棄権 (12時52分)

錦織23位 13日付世界ランク (11時01分)

西岡良仁 逆転許し本戦ならず (8時23分)

ハレプ 2年ぶり2度目V (8時09分)

王者ナダル 5年ぶり4度目V (6時55分)

【1ポイント速報】ナダルvsチチパス (6時54分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!