- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

BIG4いない決勝は8年ぶり

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は18日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)は第7シードのD・ゴファン(ベルギー)に6-2, 3-6, 4-6の逆転で敗れ、決勝進出を逃した。フェデラー、R・ナダル(スペイン)N・ジョコビッチ(セルビア)A・マレー(イギリス)のBIG4がいないATPファイナルズ決勝は2009年以来8年ぶりとなる。

>>ディミトロフvsゴファン 1ポイント速報<<

>>ATP最終戦 組み合わせ表<<

今大会はナダルが初戦に敗れた時点で膝のけがにより棄権、ATPファイナルズで4連覇の偉業を成し遂げているジョコビッチと昨年覇者のマレーは今季中盤で休養に入っていた。

BIG4不在の決勝は、2009年にN・ダビデンコ(ロシア)が決勝でJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を破り優勝した時以来。

この日、グループ・ピート サンプラスを3戦全勝の1位通過で準決勝へ進出していたフェデラーは過去6連勝と負けなしのゴファンから第1セットを33分で先取する好スタートを切った。しかし、第2セットの第2ゲームでブレークを許してからは主導権を握られ、1時間45分で準決勝敗退となった。

ゴファンは、決勝で第6シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。ディミトロフは準決勝で第8シードのJ・ソック(アメリカ)を逆転で破っての勝ち上がり。

今大会のシングルスはグループ・ピート サンプラスとグループ・ボリス ベッカーに分かれ、各グループの4選手が総当り戦を行う。各グループの上位2名が決勝トーナメントへ進出し、1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは予選ラウンドロビンで1勝する毎に200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。

【グループ・ピート サンプラス】
(1)R・ナダル 0勝1敗
(4)D・ティーム(オーストリア) 1勝2敗
(6)G・ディミトロフ 3勝0敗
(7)D・ゴファン 2勝1敗
(補)P・カレノ=ブスタ(スペイン) 0勝1敗

【グループ・ボリス ベッカー】
(2)R・フェデラー 3勝0敗
(3)A・ズベレフ(ドイツ) 1勝2敗
(5)M・チリッチ(クロアチア) 0勝3敗
(8)J・ソック 2勝1敗

ナイキ




■関連ニュース■

・フェデラー 錦織は「欠かせない」
・フェデラー 錦織ら負傷続出語る
・フェデラー 東京五輪出場は?
(2017年11月19日17時01分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!