- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

8強の田島尚輝 全米振り返る

田島尚輝
田島尚輝(関東/TEAM YONEZAWA)
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ジュニアの男子シングルスでベスト8へ進出した田島尚輝(関東/TEAM YONEZAWA)は8日、tennis365.netのインタビューに応じ、今大会を振り返った。

>>ナダルvsアンダーソン 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

「目標としていたのがベスト8だったので、それは達成できました。素直にこの結果は嬉しいです。今年の全豪が1回戦負け、全仏が2回戦負け、ウィンブルドンが3回戦負けだったので、その壁(3回戦)を超えたかったです」

今大会の1回戦、田島は第1セットを落としたが得意のドロップショットを決めるなどで主導権を握り、2時間の接戦をものにした。2回戦はファイナルセットのタイブレークを制して16強入り。3回戦は勝利目前から挽回を許す苦しい展開を強いられた。



試合前日、現地6日の夜に田島は38度を超える高熱で体調を崩す中、7日の3回戦でフルセットの末に勝利。目標の四大大会ジュニア初の8強入りを決めた。

3回戦では第2セットでマッチポイントを握ったが、このチャンスを活かせずファイナルセットへ突入。田島はマッチポイントを取り切れなかった要因を「体力面よりも、精神面の方がきつかったです。早く終わらせたかった」と振り返った。


3回戦で対戦したエフスタシウー

初の準々決勝では、第1シードのA・ゲラー(アルゼンチン)と対戦。過去1勝2敗と負け越していたが、約1年半前に行われた南米のクレー大会では勝利した相手だった。田島としては、今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)3回戦のリベンジを狙っていた。

この試合は序盤から強烈なサービスとストロークに押され、第1セットを29分で落とす。第2セットの第10ゲームではゲラーのサービング・フォー・ザ・マッチを迎えた。このゲームで田島がブレークバックに成功するとタイブレークをものにし、ファイナルセットへ持ち込んだ。田島はコート13に集まった多くの観客の前で、鮮やかなネットプレーを決めるなどで沸かせた。


田島と対戦した第1シードのゲラー

「今回もチャンスがあると思っていました。第1シードですが無理というのはなく、勝つ気でいきました」

その後、再び迎えたゲラーのサービング・フォー・ザ・マッチの第9ゲームをブレークバックしてピンチをしのいだが、続く第10ゲームではラブゲームでブレークを許した。最後、田島はフォアハンドをネットにかけ、2時間12力尽きた。



「結果はすごい悔しいですが、内容はウィンブルドンの時より良かったです。最後(ファイナルセット)は2−5から追いつきました。自分の納得いくテニスが最後までできました」

「ネットへいくことができている時はテニスの調子が良くて、気持ちも乗っています。(ゲラーは)サーブが強い選手。3球目を攻めてくるので、攻め込まれないリターンを考えると手元が狂ったりする難しさはありました」



また、9月21日に17歳の誕生日を迎える田島は最後に、1つ年上で世界ランク69位のD・シャポバロフ(カナダ)に追いつきたいと話した。

「来年のグランドスラム・ジュニアでは決勝にいって優勝することが第1の目標です。その次はグランドスラム・ジュニアに出ながら、プロの大会に移行してシャポバロフに追いつきたいです」

18歳のシャポバロフは全米オープンで、若手期待のD・メドヴェデフ(ロシア)K・エドモンド(英国)、さらに第8シードのJW・ツォンガ(フランス)を次々と破る快進撃で、四大大会初のベスト16進出を果たしている。


【田島尚輝 全米OPジュニア2017戦績】

<準々決勝>
● 3-6, 7-6 (10-8), 4-6 (1)A・ゲラー(アルゼンチン)

<3回戦>
○ 6-0, 6-7 (1-7), 6-3 M・エフスタシウー(キプロス)

<2回戦>
○ 6-1, 2-6, 7-6 (7-4) H・ガストン(フランス)

<1回戦>
○ 5-7, 6-4, 6-2 (9)M・ヴェルベンスキー(チェコ共和国)







■関連ニュース■ 

・堀江/清水、健闘も全米準V
・田島 第1シードに健闘も惜敗
・田島尚輝 激闘制し全米16強
(2017年9月10日14時13分)

その他のニュース

11月23日

デ杯決勝 組み合わせ発表 (21時54分)

錦織「いつも感謝しています」 (20時52分)

アザレンカ 来年1月に復帰 (19時21分)

元女王、第1子妊娠を報告 (17時47分)

伊藤竜馬 ホアヒンCH8強 (17時32分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬 2回戦 (17時22分)

添田豪、逆転勝ちで8強 (15時55分)

穂積 全豪8強に健闘も敗れる (13時15分)

土居美咲 ベスト8進出ならず (12時08分)

内山靖崇「今までで一番」 (11時00分)

デ杯決勝 24日にスタート (9時50分)

ドリームテニス 組み合わせ発表 (7時33分)

11月22日

マクラクラン/内山組 初戦敗退 (21時57分)

錦織帰国 週末は有明に登場 (20時53分)

【1ポイント速報】マクラクラン/内山組 1回戦 (20時52分)

伊達公子 特別モデルを限定発売 (19時03分)

20歳高橋悠介 初戦突破ならず (17時44分)

テニス新ルール GS16シードに (16時53分)

伊藤竜馬 接戦制し初戦突破 (16時15分)

添田豪 逆転勝ちで2回戦進出 (15時30分)

錦織 連続1位、高い人気健在 (11時11分)

尾崎里紗は完敗 わずか53分 (10時24分)

土居美咲 逆転勝ちで連敗止める (8時28分)

11月21日

関東初オープン テニスラウンジ (21時16分)

ジョコら復帰戦 ドロー発表 (21時01分)

穂積 日本人対決制し初戦突破 (19時41分)

マクラクラン/内山組 雨で順延 (19時04分)

【順延】マクラクラン/内山組 (18時27分)

【順延】伊藤竜馬ら1回戦 (18時26分)

今季男子テニス界の動向と今後 (17時54分)

大坂なおみら 日本勢女子ランク (15時13分)

ノボトナの死 選手ら惜しむ声 (11時26分)

錦織22位 日本勢世界ランク (7時59分)

11月20日

穂積絵莉コラボジュエリー発売 (22時02分)

元世界2位ノボトナ死去 (20時32分)

快進撃ソックがキャリアハイ (19時42分)

マクラクラン/内山組が最高位 (17時53分)

準Vゴファン「誇りに思う」 (16時54分)

最終戦Vに涙 苦しい時期明かす (15時23分)

ベッカム ATP最終戦を観戦 (12時47分)

初Vディミトロフ 世界3位へ (11時32分)

ゴファン 今季は「最高だった」 (10時38分)

ディミトロフ「本当に光栄」 (7時52分)

ディミトロフ 最終戦初V (5時46分)

【1ポイント速報】ATP最終戦決勝 (5時45分)

最終戦複 第2シード組が2連覇 (2時28分)

第1シード 圧勝でタイトル獲得 (0時33分)

前週のリベンジ果たしV (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!