- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織、ジョコらがエントリー

8月31日から開幕する男子テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)のエントリーリストが大会公式サイトで発表された。今大会には、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)、大会5度の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)、昨年覇者のM・チリッチ(クロアチア)と準優勝の錦織圭(日本)らが出場予定。

今季、ジョコビッチは全豪オープン・ウィンブルドンで優勝。全仏オープンは決勝でS・ワウリンカ(スイス)に敗れて準優勝、生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会全てで優勝)達成は来年以降に持ち越された。全米オープンでは2011年にタイトルを獲得しており、今年は4年ぶりのタイトルを狙う。

世界ランク2位でグランドスラム歴代最多の17勝を誇るフェデラーは、2012年のウィンブルドン優勝からグランドスラムでのタイトル獲得から遠ざかっている。先日のウィンブルドン決勝はジョコビッチに敗れ、2年連続で準優勝に甘んじた。全米オープンでは、2004年から2008年まで5連覇を成し遂げており、今回は6度目の優勝を狙う。

さらにジョコビッチやフェデラーに加えて、2012年覇者のA・マレー(英国)、今年の全仏王者ワウリンカ、2010・2013年優勝者R・ナダル(スペイン)T・ベルディヒ(チェコ共和国)D・フェレール(スペイン)M・ラオニチ(カナダ)らも出場予定。

昨年の全米オープンでグランドスラム初の決勝進出を果たした日本のエース錦織もエントリーしている。今年はウィンブルドン2回戦で左足の怪我により棄権。その後はハードコートシーズンに向けて調整中。

先日所属契約記者会見の際、全米オープンについて錦織は「もちろん自信は昨年より格段についています。」と、意気込みを述べていた。

また元世界ランク7位で33歳のM・フィッシュ(アメリカ)が、今回の全米オープンを最後に引退することを表明している。今大会には病気や怪我などでツアーから離れた選手に適応されるプロテクト・ランキングでシングルス本戦にエントリーする予定。



中古ラケット買取


■関連ニュース■ 

・錦織圭 日本初GS準Vの快挙
・錦織が感じる全米の壁
・ナダル BIG4で生き残るには


■最新ニュース■ 

・錦織らのように活躍するには
・「全米で終わりにする」
・錦織 激しいラリー公開
(2015年7月23日19時39分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!