- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「興奮」セリーナ、あと1勝

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は9日、女子シングルス準決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が3年ぶり8度目の決勝進出を果たすと同時に、6度目の優勝に王手をかけた。第4シードのM・シャラポワ(ロシア)に6-2, 6-4のストレート勝ち。試合後に「興奮している」と話す女王セリーナはグランドスラム4大会連続優勝の「セリーナ・スラム」達成まで、あと1勝とした。

準決勝、セリーナは13本のサービスエースと29本ものウィナーを決めてシャラポワに1度もブレークチャンスを与えなかった。さらに6本のダブルフォルトを犯すシャラポワから3度のブレークに成功して決勝進出を決めた。

「興奮している。少しナーバスになっていたかもしれない。シャラポワもいいプレーをしていてギアを上げてきたから、私もギアを上げた。コートではベストを尽くそうと思っていた。」

両者は今回が通算20度目の対戦で、セリーナは対シャラポワ戦を18勝2敗とした。

優勝を狙うセリーナは、決勝で対戦する第20シードのG・ムグルサ(スペイン)について「彼女(ムグルサ)は私に勝ったことがある。簡単な試合にはならないと思う。」と警戒した。

両者は今回が通算4度目の対戦で、過去セリーナから見て2勝1敗。その1敗は昨年の全仏オープン2回戦で、ムグルサにストレートで敗れている。

21歳のムグルサは今大会準決勝で第13シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)をフルセットで破り、グランドスラム初の決勝進出。スペイン勢で1996年のA・サンチェス=ビカリオ(スペイン)以来19年ぶりの快挙を成し遂げている。

「セリーナ・スラム」がかかるセリーナだが、年間グランドスラム達成にも注目が集まっている。今年の全豪オープン・全仏オープンで優勝、ウィンブルドンと全米オープンでタイトルを獲得すると1988年のS・グラフ(ドイツ)以来、史上4人目となる年間グランドスラム達成となる。

過去のウィンブルドンでセリーナは2002・2003・2009・2010・2012年に優勝しており、今回は6度目のタイトル獲得を狙う。2004・2008年は準優勝に甘んじている。

(コメントはWOWOWから抜粋)

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・快挙ムグルサ「私は幸せ」
・セリーナら 決勝進出かけ激突
・女王セリーナ「失う物はない」


■最新ニュース■ 

・ジョコらBIG4の3人が4強へ
・ヒューイット 全英を終えて
・幸運お守り持参してたスタン
(2015年7月10日1時44分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!