- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヒューイット 全英を終えて

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)で、2002年チャンピオンのL・ヒューイット(オーストラリア)は、今大会のシングルス、ダブルス、ミックスダブルスの3つに出場していたが、全て敗れて現役最後のウィンブルドンを終えた。

『選手使用のオフィシャルタオル』

現在34歳のヒューイットは、来年の全豪オープンを最後に引退することを表明しており、今年は現役最後のウィンブルドンとなっていた。

今大会には、主催者推薦枠で出場したヒューイット。大会側の判断を知ったヒューイットは、自身の公式ツイッターで「ウィンブルドン、ワイルドカードをありがとう。またあの素晴らしい場所でもう一度プレー出来る事を光栄に思う。素晴らしい思い出の場所。最後の出場。」と、綴っていた。

迎えたウィンブルドン、男子シングルス1回戦では、33歳のJ・ニエミネン(フィンランド)との同年代対決に臨んだ。試合の中で、ヒューイットはサイドラインギリギリに打ち込まれたボールに対して、飛び込んでボレーを決めるなど、会場を沸かすプレーを見せたが、6-3, 3-6, 6-4, 0-6, 9-11の大接戦の末に敗れた。

男子ダブルスでは、オーストラリアの後輩にあたる19歳のT・コキナキス(オーストラリア)とペアで出場。2回戦で3時間23分に及ぶ試合を制して3回戦進出するも、第4シードのJJ・ロジェール(アンティル)/ H・テカウ(ルーマニア)組に敗れた。

また、ミックスダブルスには同胞のC・デラクア(オーストラリア)とペアで出場するも、2回戦で姿を消した。

試合を終えて、ヒューイットはスポンサー契約をしているヨネックスに対して「1998年7月にヨネックスと契約してから、今日までずっとサポートをしてもらって本当に感謝しています。たくさんの思い出があるけれど、2002年のウィンブルドンの優勝が僕のテニス人生で最高の勝利ですね」と、語っていた。

元世界1位ヒューイットの現役最後となるウィンブルドンは幕を閉じたが、ヒューイットのテニス人生はまだ終わらない。

>>ヒューイットの使用ラケットはコチラ<<

【ウィンブルドン 男子シングルス対戦表】

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・ヒューイット 最後は観客総立ち
・ヒューイット 最後の全英へ
・ヒューイット 最後の全英終幕


■最新ニュース■ 

・幸運お守り持参してたスタン
・ガスケ 焦り見えるテープ巻き
・世界トップ3の顔ぶれにガスケ
(2015年7月9日15時39分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!