- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコらBIG4の3人が4強へ

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は8日、男子シングルス準々決勝4試合が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードのR・フェデラー(スイス)、第3シードのA・マレー(英国)のBIG4に加え、第21シードのR・ガスケ(フランス)がベスト4へ駒を進めた。

【トップハーフ】
昨年覇者のジョコビッチは、第9シードのM・チリッチ(クロアチア)に6-4, 6-4, 6-4の完勝で6年連続のベスト4進出を決めた。3年連続の決勝進出をかけて、ガスケと準決勝で対戦する。

ガスケは準々決勝でBIG4の対抗馬で第4シードのS・ワウリンカ(スイス)を6-4, 4-6, 3-6, 6-4, 11-9のフルセットで下し、2007年以来8年ぶりの全英4強入りを決めている。

ジョコビッチとガスケは今回が通算13度目の顔合わせ。過去の対戦成績はジョコビッチから見て11勝1敗。ガスケが最後に勝利したのは2007年まで遡る。


【ボトムハーフ】
2012年以来3年ぶりのウィンブルドン制覇を狙うフェデラーは、第12シードのG・シモン(フランス)を6-3, 7-5, 6-2のストレートで下し、2年連続のベスト4進出を果たした。準決勝ではマレーと激突する。

マレーは準々決勝でノーシードのV・ポスピシル(カナダ)に6-4, 7-5, 6-4のストレートで勝利し、2年ぶり6度目の4強入りを決めた。

フェデラーとマレーは今回が通算24度目の対戦。過去はフェデラーから見て12勝11敗。

2012年のウィンブルドンで優勝して以降、四大大会のタイトル獲得に見放されているフェデラーは、今大会で歴代最多8度目のウィンブルドン優勝を狙う。過去のウィンブルドンでは2003−2007・2009・2012年にタイトルを獲得している。昨年は決勝でジョコビッチにフルセットで敗れ、準優勝に甘んじた。

一方のマレーは2013年のウィンブルドンで四大大会2度目の優勝を果たしており、今年は2年ぶりのタイトル獲得を狙う。


決勝進出をかけた男子シングルス準決勝2試合は、現地10日に行われる予定。

BIG4の一角である第10シードのR・ナダル(スペイン)は、2回戦でD・ブラウン(ドイツ)に敗れている。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・スタン ジョコ因縁対決ならず
・スタン撃破 ガスケ執念の勝利
・実現フェデラーvsマレー


■最新ニュース■ 

・全英にウィリアム王子夫妻
・死闘ジョコ 験担ぎの芝キス
・ポスピシル 秘密の青ノート
(2015年7月9日9時08分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!