- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヒューイット 最後は観客総立ち

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は29日、男子シングルス1回戦が行われ、2002年のチャンピオンで今回が現役最後の出場となるL・ヒューイット(オーストラリア)J・ニエミネン(フィンランド)との同年代対決に臨んだが、6-3, 3-6, 6-4, 0-6, 9-11の大接戦の末に敗退し、2回戦進出とはならなかった。

【会場でしか買えない 全英タオル】

「自分のテニス人生が一杯詰まったものとなったような気がする。自分の精神、“コートでは常に諦めない”精神がね。ツアーにいた18・19年間はずっとそうやって来た。」

「いつもみんなに言っているように、努めてそうしているものではないんだ。幸いにもコートに立つと自分自身を奮い立たせて、全力を尽くす性格なんだ。例えそれがジムでのトレーニングなどにしてもね。」とヒューイットは自身についてコメントしていた。

2001年の全米オープンも制し、世界ランク1位に上り詰めたヒューイット。壮絶な試合が終わった後は、会場からはスタンディング・オベーションと共に鳴り止まない拍手にコートの中央まで行き答え、手を振ってコートを後にした。

「いつもコートでは持っている物を全て出し尽くしていたんだ。今日もそうしていた。何度も試合が自分の手から離れてしまいそうになったけど、何とか踏ん張る方法を見付けられた。」と語るヒューイットは現在34歳。3人の子を持つ父である彼の世界ランクは118位で、今季はここまで8試合を行い1勝しか上げられていない。

来年の1月に祖国オーストラリアで行われる全豪オープンを最後に引退を表明しているヒューイットは、今季がフルに戦う最後のシーズンとなっている。

ヒューイットはその全豪オープンでのタイトル獲得を熱望してはいたが、このウィンブルドンにも特別な思いがある。キャップを後ろ向きに被り、自分自身を指して“カモン!”と叫ぶスタイルで知られるヒューイットがウィンブルドンを制したのは若干21歳の時だった。決勝戦でD・ナルバンディアン(アルゼンチン)を下したのは13年も前の事。

その後グランドスラムでのタイトルを手にする事はなかったヒューイットは、近年は度重なる怪我や手術により苦難を強いられていた。

そして現在のオーストラリア・テニス界には若きスターが現れ始めている。第26シードで20歳のN・キリオス(オーストラリア)、第27シードで22歳のB・トミック(オーストラリア)は月曜日に行われた1回戦で勝利を飾った。2人を含め11人ものオーストラリア人選手がエントリーしている今年のウィンブルドン。19歳のT・コキナキス(オーストラリア)もその1人で、月曜日の1回戦で敗退したものの、ヒューイットと組み男子ダブルスに出場する事になっている。

コキナキスは「彼(ヒューイット)の姿勢や競争心は誰にも負けてはいない。恐らくR・ナダル(スペイン)と彼がテニス史上で最も優れた競技者だと思う。まだ祖国を代表してデビスカップに臨んでチームを牽引している彼が、練習やトレーニングをしている姿を見るだけでも特別な事。我々の刺激にもなっている。」とヒューイットへの尊敬の気持ちを語っていた。

ヒューイットはニエミネンとの1回戦の前日、コキナキスと共にセンターコートを訪れ、しばらく座り込み会場の雰囲気を満喫していた。

「ここは自分にとってテニスの聖地なんだ。世界中のどこへ行っても、このコートへ歩いて入る時に感じるものと同じものはない。他のコートでも他の建物でもね。ここに来ると鳥肌が立つんだ。」とウィンブルドンのセンターコートへの思いを語っていた。

>>ウィンブルドン男子対戦表<<

ウィンブルドンタオル

中古ラケット買取


■関連ニュース■ 

・ヒューイット 最後の全英
・ヒューイット 最後の全英へ
・ヒューイット 引退を示唆


■最新ニュース■ 

・錦織ブロックのシード敗れる
・錦織「選択ミスがあった」
・キリオス ハプニング起こす
(2015年6月30日11時35分)

その他のニュース

7月17日

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!