- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「選択ミスがあった」

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は29日、男子シングルス1回戦が行われ、松岡修造(日本)以来の日本人男子20年ぶりのベスト8、さらに四大大会初優勝を狙う第5シードの錦織圭(日本)が3時間22分で辛くも初戦突破を果たした。世界ランク55位のS・ボレッリ(イタリア)に6-3, 6-7 (4-7), 6-2, 3-6, 6-3のフルセットで勝利。試合中に左足ふくらはぎの治療を受けていた錦織だったが、自身のテニスは悪くないと語った。

【会場でしか買えない 全英タオル】

「テニス自体は良かった。選択ミスがあったり、相手がいいプレーしたり、2セット目のタイブレークはとりたかった。そこ(第2セットのタイブレーク)をとっていれば、プレーに余裕が出たかもしれない。サーブはベストではなかった。」

1回戦、錦織は4本のダブルフォルトを犯すも、14本のサービスエースをボレッリに叩き込んだ。また33本の凡ミスを犯すも、それを上回る46本のウィナーを決めて、3時間22分で勝利を手にした。

両者は昨年のウィンブルドン3回戦で対戦しており、その時もフルセットの末に錦織が勝利していた。昨年と同様にフルセットマッチを強いられた錦織だったが、今回は芝でのプレーを得意とするボレッリに対して「相手もいいプレーヤーなので、タフな試合になるとは思っていた。」と、覚悟をした上で1回戦に臨んでいた。

「最後、集中力を上げて勝てたので良かった。テニス自体は悪くないので、直すところを直せば大丈夫だと思う。」

2回戦で錦織は、J・ソウザ(ブラジル)に勝利したS・ヒラルド(コロンビア)と対戦する。

過去のウィンブルドンでは昨年の4回戦進出が自己最高成績。もし錦織が今大会で準々決勝へ進出した場合、グランドスラム4大会全てでベスト8進出を果たすこととなる。

コーチのM・チャン(アメリカ)は妻のアンバーが第3子を授かっており、家族と共に過ごすため、今大会には帯同していない。

(コメントはWOWOWから抜粋)

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・錦織 足は「悪くはない」
・錦織ブロックにジョコら強豪
・錦織「ショック」乗り越え全英


■最新ニュース■ 

・全英開幕、大会を支える脇役
・錦織 ボレッリは「芝で強い」
・スタン「本当に良くなっている」
(2015年6月30日5時36分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!