- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヒューイット 引退を示唆

元世界ランク1位で、来月34歳になるL・ヒューイット(オーストラリア)は、来年の全豪オープンが祖国オーストラリアで行われるグランドスラムが最後となるだろうと、来年での引退を示唆した。

今年の全豪オープンが自身19回目の出場となったヒューイットは、2回戦でB・ベッカー(ドイツ)と対戦するも、第1、第2セットを先取し勝利へ王手をかけながら逆転負けを喫していた。

グランドスラムで2度の優勝経験を持つヒューイットは、全豪オープン会場であるメルボルン・パークで記者会見に臨み、今季は控えめにツアーを回る事を明かしながら、特にウィンブルドンと男子国別対抗戦であるデビスカップに重きを置きながら戦い、恐らく全仏オープンへの出場は見送る考えがある事を語っていた。

「当然、デビスカップはこれまでも多くの力を注いできた大会だし、世界最高峰のワールドグループでの戦いを維持するために全力を尽くしたい。」と気持ちを表していた。

3月に行われるデビスカップのワールドグループ1回戦は、チェコ共和国と敵地で対戦するオーストラリアは、2003年を最後に優勝から遠ざかっている。

近年怪我に泣かされていたヒューイットだが、現在は万全の体調であると感じており、今季はかつての力強いプレーが出来るだろうと期待を寄せている。

「このオフシーズンでは、他の誰よりもハードなトレーニングをして来たつもりさ。今は体の状態が最高だと感じている。唯一それがこうしてプレーを続けたいと思わせる理由なんだ。」と現役を続けている理由も加えていた。

現在のデビスカップ監督でるP・ラフター(オーストラリア)氏は、オーストラリア・テニス協会の新しい役員に任命される事を受けて監督の職から退く事が決まっている。そして当面の間はW・マスール氏が引き継ぐ事になっている。しかしヒューイットが現役を退いた後は、監督の職に就くだろうとされている。

ヒューイットはオーストラリアにおいて、最もデビスカップに貢献して来た選手である。最多勝利数である56勝を飾り、代表に選ばれての16年間で38大会に出場している。




■関連ニュース■ 
・ヒューイット 3回戦進出逃す
・フェデラー ヒューイットと激突
・ヒューイット優勝 通算30勝


■最新ニュース■ 
・マレー4度目の決勝 初Vなるか
・シャラポワ完勝 3年ぶり決勝
・セリーナ シャラポワを警戒


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月30日13時00分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!