- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織ら襲った芝の脅威

男子テニスツアーのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝)は21日、シングルス決勝が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が3連覇と大会8度目の優勝を成し遂げて幕を閉じた。今大会では第2シードの錦織圭(日本)と第4シードのG・モンフィス(フランス)が怪我により途中棄権を余儀なくされ、芝で戦い抜く難しさを思い知らされた。

【会場でしか買えない 全英タオル】

芝はイレギュラーが起きやすいサーフェス。そのため選手は思いもよらぬところへバウンドするボールに対応しなければいけない。さらにハードやクレーに比べると、ボールは滑りやすく弾みにくいため、より膝を曲げる動きが求められる。

今大会で芝にダメージを与えられた錦織は、J・ヤノヴィッツ(ポーランド)との準々決勝途中で左足ふくらはぎを負傷し、A・セッピ(イタリア)との準決勝で無念の途中棄権。29日からのウィンブルドンへ不安を残す結果となった。

2013年のウィンブルドンではV・アザレンカ(ベラルーシ)が芝に足を滑らせて転倒し、右膝を負傷。それはアザレンカが悲鳴をあげるほどの怪我だった。また、当時M・シャラポワ(ロシア)も試合中に転倒して臀部を痛めたため、コートの状態について不満を訴えていた。

今大会でもフェデラーが芝に足を滑らせて転倒するシーンがあった。

選手にとって対戦相手だけでなく、芝も攻略しなければ試合には勝てない。

一方、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)はスライドフットワークを得意としており、芝の滑りを活かしたプレーをする。そのジョコビッチは、昨年のウィンブルドンで2度目のタイトルを獲得した。

このジョコビッチにようなフットワークが、ウィンブルドン優勝への糸口かもしれない。

>>ゲリー・ウェバー・オープン対戦表<<

>>ゲリー・ウェバー・オープン ダブルス対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・錦織ら棄権 セッピ「初めて」
・錦織 フェデラーの決勝ならず
・錦織 準々決勝で痛めていた


■最新ニュース■ 

・フェデラー「ありがとう」
・無念の錦織 全英へ不安
・錦織の決断 全英見据える
(2015年6月22日4時09分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!