- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

荒れる中 マレー生き残る

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝)は18日、シングルス2回戦が行われ、大会4度目の優勝を狙う第1シードA・マレー(英国)が順当にベスト8進出を決めた。しかし、この日も波乱が続出。第4シードで昨年の全米オープン王者M・チリッチ(クロアチア)、第6シードで昨年覇者G・ディミトロフ(ブルガリア)、第8シードF・ロペス(スペイン)らシード勢が次々と敗れる荒れ模様となった。

今大会はシード勢が相次いで早期敗退している。16日は第5シードで前週のメルセデス・カップ優勝R・ナダル(スペイン)が初戦敗退、17日は第2シードで今年の全仏覇者S・ワウリンカ(スイス)が2回戦敗退、そして18日は3人のシード選手が2回戦で敗れた。この結果、トップハーフ(対戦表の上半分)からは第1シードのマレーのみが順当にベスト8へ進出。

この日マレーは、元世界ランク7位F・ベルダスコ(スペイン)を7-5, 6-4のストレートで下し、大会2年ぶり5度目の8強入りを決めた。準々決勝ではディミトロフをストレートで破ったダークホースG・ミュラー(ルクセンブルグ)と対戦する。

32歳のミュラーはビッグネームを倒すことで知られており、2005年のウィンブルドン2回戦でナダル、同年の全米オープン1回戦ではA・ロディック(アメリカ)を下す金星をあげた。

グランドスラムでは2008年の全米オープンベスト8進出が四大大会自己最高成績で、その時は予選からの出場だった。さらに今年の全豪オープンではR・バウティスタ=アグ(スペイン)J・イズナー(アメリカ)らを破り、N・ジョコビッチ(セルビア)との4回戦まで駒を進めた。

マレーが積極的にネットにつめてくるミュラーをどう攻略するかに注目が集まる。

また、この日の2回戦でチリッチは、前週のメルセデス・カップで準優勝のV・トロイキ(セルビア)に7-6 (10-8), 2-6, 3-6、ロペスはイズナーに6-7 (5-7), 7-6 (11-9), 6-7 (4-7)でそれぞれ敗れ、ベスト8を前に姿を消した。

※選手名の横の数字はシード数、WC…主催者推薦、QF…予選勝者、LL…ラッキールーザー、PR…プロテクトランキング

>>AEGON選手権 対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・ナダルに続きスタンも姿消す
・マレーは波乱に巻き込まれず
・昨年覇者ディミも敗れる波乱


■最新ニュース■ 

・錦織含めた8強出揃う
・錦織 格の違い見せつける
・錦織 難敵114位撃破
(2015年6月19日5時51分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!