- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 芝初戦はやや苦戦

男子テニスツアーのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝)は16日、シングルス1回戦が行われ、大会初優勝を狙う第2シードの錦織圭(日本)が世界ランク29位のD・ティエム(オーストリア)を7-6 (7-4), 7-5のストレートで下して順当に2回戦進出を決め、芝シーズン初戦を勝利で飾った。

両者は今回が初めての対戦となった。

この試合、第1セットで錦織はティエムのバックハンドにボールを集め、強烈なフォアハンドを封じて先にブレーク。さらに積極的にネットに出て、サーブ&ボレーで圧倒してリードする。

その後、徐々に勢いを増したティエムにブレークバックされ、錦織のミスが目立ち始める。しかし、集中力を高めた錦織がタイブレークとなった第1セットを先取。

第2セットでは、ティエムの強烈なサービスをなかなか崩すことが出来なかった錦織だが、第12ゲームで大きなブレークに成功してストレートで勝利した。

2回戦で錦織は、主催者推薦枠で出場の地元選手D・ブラウン(ドイツ)と対戦する。

過去同大会で錦織は2013年に初出場し、初戦となる2回戦でM・ユーズニー(ロシア)にフルセットで敗れていた。昨年はG・モンフィス(フランス)S・ジョンソン(アメリカ)を下して大会初のベスト4進出を果たすも、準決勝でR・フェデラー(スイス)に敗れて決勝進出を逃した。

今大会のダブルスにS・ジョンソンと初めてペアを組んで出場していた錦織は、15日に行われたダブルス1回戦でR・リンドステッド(スウェーデン)/ J・メルツァー(オーストリア)組にストレートで敗れ8強入りとはならなかった。

また、過去のウィンブルドンでは昨年、M・ラオニチ(カナダ)に敗れるも大会初の4回戦進出を果たしており、今年のウィンブルドンで錦織がベスト8進出した場合、四大大会では全てでベスト8進出を果たすことになる。

先日の全仏オープンで、大会初の8強入りを果たした錦織だったが、悲願のグランドスラム優勝を果たすためにも、今大会の前哨戦で結果を残して29日から始まるウィンブルドンへ向けて勢いをつけたい。

一方、錦織に敗れた21歳のティエムは、若手注目選手の1人。先月行われたニース・オープンでは念願のツアー初優勝を飾り、15日に発表の世界ランキングでは、自己最高位となる29位を記録している。

今回は大会初出場だったティエムだが、善戦を繰り広げるもストレートで敗れて2回戦進出を逃した。

>>ゲリー・ウェバー・オープン対戦表<<

>>ゲリー・ウェバー・オープン ダブルス対戦表<<

ウィンブルドンタオル


■関連ニュース■ 

・錦織 フェデラーらの組合せ
・錦織 初戦勝てば危険な相手か
・錦織敗退 複巧者に屈する


■最新ニュース■ 

・マレー スタン ナダル組合せ
・ベテラン34歳 初戦突破ならず
・大苦戦のフェデラー 辛勝
(2015年6月16日21時03分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!