- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー スタン ナダル組合せ

男子テニスのツアー大会であるAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝)に、大会4度目の優勝を狙う第1シードA・マレー(英国)はトップハーフ(上半分)に位置し、準々決勝で昨年覇者の第6シードG・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する可能性がある。一方、ボトムハーフ(下半分)は第2シードで今年の全仏王者S・ワウリンカ(スイス)、第5シードR・ナダル(スペイン)ら強豪が固まった組合せとなった。

過去3度の優勝を誇るマレーは今季安定した成績を残しており、全仏オープン準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に2日間の死闘の末に敗れるも、クレーシーズンでの連勝記録を15とした。

今大会1回戦では予選勝者のルー・イェンスン(台湾)と対戦する。マレーが初戦突破した場合、2回戦ではF・ベルダスコ(スペイン)と顔を合わせる。

もしベルダスコと対戦する場合、マレーにとってウィンブルドン初優勝を飾った2013年を思い出すことだろう。当時、両者は準々決勝で激突し、マレーは2セットダウンのピンチに追い込まれる。そこから地元の声援を後押しにしたマレーが、大逆転勝利をものにした。

シード勢が順当に勝ち進んだ場合、マレーとディミトロフは準々決勝で対戦する。

両者は昨年のウィンブルドン準々決勝で対戦しており、その時はディミトロフがストレートで勝利した。

一方、強豪が集まるボトムハーフは熾烈な戦いが予想される。今年の全仏オープンでグランドスラム2勝目をあげたワウリンカは、1回戦で期待の若手N・キリオス(オーストラリア)と対戦する。

20歳のキリオスは、昨年のウィンブルドン4回戦でナダルを破る金星をあげてグランドスラムベスト8進出。今年もその勢いは止まらず、全豪オープンで四大大会2度目の8強入り、さらにマドリッド・マスターズではR・フェデラー(スイス)を破った。

もしワウリンカがキリオスに勝利した場合、2回戦はK・アンダーソン(南アフリカ)か元世界ランク1位で2002年ウィンブルドン覇者L・ヒューイット(オーストラリア)のどちらかと対戦する組合せ。

さらにシード勢が順当に勝ち進むと、ワウリンカは準々決勝でナダルと対戦する。先日のメルセデス・カップでナダルは今季2勝目をあげており、芝での感触を掴んでいる。

※選手名の左の数字はシード数、WC…主催者推薦、QF…予選勝者、LL…ラッキールーザー、PR…プロテクトランキング

>>AEGON選手権 対戦表<<




■関連ニュース■ 

・錦織 フェデラーらの組合せ
・錦織より下の世代が脅威
・ナダル優勝 今季2度目


■最新ニュース■ 

・錦織 初戦勝てば危険な相手か
・BIG4脅かす30歳スタンの存在
・フェデラー全英復活劇なるか
(2015年6月15日23時09分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!