- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

奈良 4強逃すも気迫プレー

女子テニスツアーのニュルンベルガー・カップ(ドイツ/ニュルンベルク、レッドクレー、賞金総額250,000ユーロ、優勝賞金34,677ユーロ)は21日、シングルス準々決勝が行われ、第7シードの奈良くるみ(日本)は第4シードのR・ビンチ(イタリア)に1-6, 6-1, 4-6のフルセットで敗れ、ベスト4進出を逃した。

両者は今回2度目の対戦となり、奈良くるみはビンチとの対戦成績を0勝2敗とした。

第1セット、奈良くるみはビンチの勢いに押され、第1ゲームから5ゲーム連取を許し、第6ゲームでサービスキープするのが精一杯だった。

しかし、徐々に調子を上げてきた奈良くるみは、第2セットの第1ゲームから攻めのプレーでポイントを重ねていく。第5ゲームのカウント30-30、大事な場面で奈良くるみはネット前の短いボールを取りに行って転倒するもポイントを決める気迫あるプレーを披露。

その後は、奈良くるみが2ゲーム連取し、ビンチに1度もブレークチャンスを与えず第2セットをとり、勝敗をファイナルセットへと持ち越した。

ファイナルセット、奈良くるみはペースを崩さずに第1ゲームで早くもブレークに成功。しかし、続く第2ゲームでビンチにブレークバックを許して振り出しに戻される。

その後は両者サービスキープが続き、互角の戦いを繰り広げるも、第10ゲームで奈良くるみはビンチに第3セットだけで2度目のブレークをされ、1時間37分で惜しくも敗れることとなった。

世界ランク56位の奈良くるみは今季、1月のモーリラ・ホバート国際でベスト4進出、3月のBMWマレーシア・オープンでベスト8進出と好調であったが、4月下旬からの3大会は連続で初戦敗退を喫していた。

しかし、今回は3大会ぶりに勝利して復活を印象付けるも、準決勝進出とはならなかった。

一方、勝利したビンチは、準決勝で土居美咲(日本)と第2シードのA・ケルバー(ドイツ)の勝者と対戦する。


■関連ニュース■ 

・奈良くるみ 4強の壁は複巧者
・奈良と土居 長時間マッチ制す
・奈良 好調のシード選手下す


■最新ニュース■ 

・負傷シモン 全仏出場に暗雲
・不安視ナダル 奇跡起きるか
・ワウリンカ 今季3勝目へ前進
(2015年5月21日20時48分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!