- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 決勝でジョコと激突

男子テニスツアーのマスターズ大会であるBNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、レッドクレー、賞金総額3,830,295ユーロ/優勝賞金628,100ユーロ)は16日、男子シングルス準決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が準々決勝で第4シードのR・ナダル(スペイン)を撃破した第8シードのS・ワウリンカ(スイス)を6-4, 6-2のストレートで下して決勝進出。決勝では、2連覇を狙う第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と激突する。

両者は今回18度目の対戦となり、今回フェデラーが勝利したことによって対戦成績を16勝2敗とし、その内の2敗はどちらもクレーコートであった。

第1セット、フェデラーは第2ゲームの40-15でフォアハンドを2本連続でミスを犯し、ワウリンカにブレークを許して3ゲーム連取されるも、第5ゲームでブレークバックに成功。第6ゲームをサービスキープし、ゲームカウントを3-3に並べる。

第8ゲーム、フェデラーはわずか1分20秒でサービスキープ。続く第9ゲームではワウリンカの2本連続ミスによって大きなブレークチャンスを迎え、フェデラーは2度目のブレークポイントでコーナーいっぱいに弾道の低い華麗なショットを決めて第1セットを先取する。

第2セット、完全にペースを取り戻したフェデラーは、第3ゲームで早くもブレークに成功。準々決勝でナダルに勝利したことで波に乗っていたワウリンカも、このセットから明らかに勢いが減速した。

フェデラーは第5ゲームでバックハンドのリターンエースを2本連続で鮮やかに決め、2度目のブレークに成功。このセットでワウリンカに1度もブレークチャンスを与えないまま、わずか54分で勝利して2年ぶり4度目の決勝進出を決めた。

世界ランク2位のフェデラーは、同大会で2003・2006・2013年の3度決勝に進出しているが、いずれも敗れておりタイトル獲得には至っていない。昨年は2回戦でJ・シャーディ(フランス)に逆転を許し初戦敗退となっている。

勝利したフェデラーは、決勝で第1シードのジョコビッチと対戦する。

フェデラーとジョコビッチは、過去38度対戦しており、フェデラーはジョコビッチとの通算対戦成績を20勝18敗、クレーコートだけでは4勝3敗と勝ち越している。

直近では、3月に行われたBNPパリバ・オープン男子決勝で対戦し、その時はジョコビッチにフルセットの末に敗れ、2年連続の準優勝となっている。


■関連ニュース■ 

・フェデラー ナダルと対戦なるか
・フェデラーがスーパーショット
・フェデラー ワウリンカと和解


■最新ニュース■ 

・ジョコビッチ 2連覇に王手
・錦織「懸命に戦った」 全仏へ
・ナダル 過去最悪の状態で全仏
(2015年5月17日5時29分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!