- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーがスーパーショット

男子テニスツアーのマスターズ大会であるBNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、レッドクレー、賞金総額3,830,295ユーロ/優勝賞金628,100ユーロ)は15日、男子シングルス準々決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が第6シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を6-3, 6-3のストレートで下し、ベスト4入り。この試合でフェデラーはスーパーショットを披露した。

それは第1セットの第8ゲーム、ネットに出るベルディフはコーナーいっぱいのボレー。

フェデラーはこの場面でストレートに打つと思いきや、苦しい大勢から技術的にも難しいクロスへバックハンドのパッシングショットを決めて、観客からの大きな拍手を受けた。

現代では両手のバックハンドが主流の中、フェデラーは片手で打つ。現役選手ではS・ワウリンカ(スイス)G・ディミトロフ(ブルガリア)F・ロペス(スペイン)R・ガスケ(フランス)N・アルマグロ(スペイン)P・コールシュライバー(ドイツ)らも片手バックハンド。

また、日本のエース錦織圭(日本)は両手でのバックハンドで、王者N・ジョコビッチ(セルビア)も認めるほど世界1との呼び声も高い。

フェデラーは準決勝で、スイス勢対決となる第8シードのワウリンカと対戦する。

BNLイタリア国際男子で過去3度の準優勝のフェデラーは、今年タイトル獲得を狙う。

また、先週のムチュア・マドリッド・オープン男子で第1シードとして出場するも、20歳のN・キリオス(オーストラリア)に大接戦の末に敗れて初戦で姿を消していた。

2009年以来6年ぶりの全仏オープンタイトル獲得のためにも、BNLイタリア国際男子で初優勝して弾みをつけたいところ。


■関連ニュース■ 

・フェデラー 激闘の末に敗れる
・フェデラーのホログラム完成
・フェデラー 7人目の200勝達成


■最新ニュース■ 

・ナダル 過去最悪の状態で全仏
・錦織「懸命に戦った」 全仏へ
・BNLイタリア国際 ドロー表
(2015年5月16日19時02分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!