- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル ラオニチに初黒星

男子テニスのマスターズ大会、BNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、賞金総額5,381,235ドル、優勝賞金900,400ドル)は20日、シングルス準々決勝が行われ、第3シードのR・ナダル(スペイン)は第6シードのM・ラオニチ(カナダ)に6-4, 6-7 (10-12), 5-7の逆転で敗れ、2年ぶり9度目のベスト4進出を逃した。

ラオニチのサービスで始まったこの試合、ナダルは第1セット第3ゲームで1度のチャンスからブレークに成功すると、第1セットを36分で先取する。

第2セットでは両者サービスキープが続きタイブレークにもつれる。ラオニチがサービスの9ポイント目でラオニチはサービス&ボレーに出て、バックボレーをナダルのバックサイドのオープンスペースにボレーを返す。しかしナダルはサイドラインよりも外側でボールに追いつき、ダウンザラインを決め会場を沸かせる。

5-4と勝利まであと2ポイントのナダルはその後3度のマッチポイントが訪れるが活かすことができずファイナルセットへ。

ナダルは第11ゲーム、ラオニチ1度のチャンスでブレークを許し後がなくなり、ラオニチがキープに成功し2時間58分の熱戦の末に敗れた。

ラオニチは19度のサービスエースを決めたが6度のダブルフォルトを犯していた。

両者は6度目の対戦となり、ナダルはラオニチに5勝1敗と初めて敗れた。

ナダルは同大会2年ぶり4度目の優勝、今季アルゼンチン・オープンに続き2勝目を狙ったが叶わなかった。

ラオニチが同大会準決勝進出するのは今回が初で、準決勝で第9シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を6-4, 6-0で下した第2シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。

ラオニチとフェデラーは今年の開幕戦、ブリスベン国際決勝で対戦しており、その時はフルセットの末に敗れている。

《ラオニチ vs フェデラー 2015年ブリスベン国際決勝》


■関連ニュース■ 
・ラオニチ 崩れない髪型の秘密
・ラオニチ「ライフルみたい」
・ナダル 「優勝候補は自分以外」


■最新ニュース■ 
・マレー ヘンマン抜き記録更新
・全仏オープン 修復工事が保留
・ジョコビッチ 労せずベスト4


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年3月21日11時49分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!